だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

えほんってすごい!~おばけのバーバパパ~

今日はぽっかぽか。ほっかほか。
気持ちいいですね。
もう春ですね。

こんにちは。
絵本ソムリエさえです。

大好評連載中「えほんってすごい!」第2回です。

第1回 わたしと絵本との二度目のであい~じゃあじゃあびりびり~
第2回 こんなに読んでも飽きないなんて~おばけのバーバパパ~
第3回 絵本ってなんて美しいんだろう~ちいさいおうち~
第4回 絵の力~アンジュール~
第5回 ことばと絵のコラボレーション~あおくんときいろちゃん~
第6回 こんな内容も描けるんだ!~ちいさいケーブルカーメイベル~
第7回 子供の成長と絵本~ピーターラビットシリーズ~

1歳までは添い乳で眠りについていた息子、
おっぱい卒業後、はて、どうやって寝かしつけよう?
という問題にぶつかりました。

どうやら、布団の中に、一定時間転がしておいたら、
眠ってくれるらしい。
でも、どうやって「一定時間、転がしておくか」が大問題。
だって、すぐに布団から這いだしてくるのだもの。

そこで、絵本の力を借りることにしました。

んで。
お布団に入ってから、眠るまで、
ひたすら絵本を読み続ける日々がはじまったのです。

お昼寝前と、夜寝る前、それぞれ30分から1時間ずつ。

その頃、我が家にはまだ絵本が少なかったので、
何冊かをローテーションで、ひたすら読み続ける読み続ける。
息子は、何度も同じ本を読んでほしがるので、
1冊を10回続けて読まされたりもする。
これはなにかの修行かしら・・・・。

これも、その中の1冊でした。

おばけのバーバパパ
 たくさん出版されているバーバパパシリーズのはじめの一冊。
 バーバパパはどこからきたの?
 配色や形、デザイン的にもとても美しい絵本です。

おばけのバーバパパおばけのバーバパパ
作:アネット・チゾン タラス・テイラー / 絵:アネット・チゾン タラス・テイラー / 訳:山下 明生出版社:偕成社絵本ナビ
 
何度も何度も、読んで、読んで。
本を持つ手はしびれてくるし、喉もカラカラになる。

でもね。
不思議なことに、「読むこと」は、いやにはならないの。
同じ絵を見ながら、同じ文章を繰り返し読んでるんですよ?
でも、飽きない。
何度見ても、バーバパパのおおらかな形は心地良いし、
その文章はなめらかで、声に出すのが楽しい。
親が見て、読んで楽しいのだもの、
子供が見て、聞いて楽しくないわけがないよね。

そこらへんにあるチラシの言葉や、説明書の文章、
何十回と口に出して読めますか?
とてもじゃないけど、2,3回も読んだら、嫌になりますよね。

でも、「バーバパパ」は(もちろん、この本だけじゃないけど)
何十回の音読に耐える文章なの。

すごい、と思わん?

あのね、小さい子が近くにいなくて、
普段読み聞かせをしない人でも、
ぜひ、絵本を声に出して、読んでみてほしいな。
すぐれた絵本の文章は、
ほんま、読んでて気持ち良いですよ。
(声に出して読まれることを前提としていないんだな、
と思うような文章の絵本もありますけどね~、残念ながら。
そういう絵本は、すんごい読みにくいです・・・・)

そうして、あきれるほど何度も同じはなしを聞いていた息子は、
2歳を過ぎ、話し始めると同時に、
さまざまな絵本を丸暗記して読み上げ、
お母ちゃんを驚かせるのですが、
それはまた別の話。

ではでは。
あたたかい1日、楽しくお過ごしくださいね。

次回もお楽しみに~

[PR]
by kouboudaidai | 2016-03-05 15:13 | えほんってすごい! | Comments(0)