だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

わたしを変えた息子のことば。

おはようございます!

最近お片付けに勤しんでいる
絵本ソムリエさえです!

先日のお台所の片付けにはじまり。
もう着ないからと
まとめてゴミ袋に突っ込んでいた服を
リメイク用、雑巾用、廃棄用に分けて。
玄関を整えて。

片付け以外にも、
あらゆる面を整えようとしています。

衣食住。
「食」はそこそこ得意分野だけど、
それでも、もっと美味しいものを作ろう。
苦手分野の「衣」。
いつまでも苦手と言っていないで、
家族全員、必要な時には、小奇麗な格好が
できるように、整えていこう。
そして「住」。
暮らしやすい家をつくろう。

暮らしやすい・・・・
誰にとって?


そう。

わたしが
あらゆる面を
見直し始めた、
最初の最初のきっかけは、
息子のひとことでした。

「ぼく、あしたから、保育園の準備、自分でする!」
a0330267_10341920.jpg
年中さんになり、
先生にも、自分でするように、
言われたのかもしれません。

夕食後に、そう言われて。

わたしは、
おろおろしてしまいました。

今まで、持ち物の準備は、
わたしが全てしていました。
つまり、
持ち物全てが、
「わたしにしか分からないところにある」。
「息子の手の届かない所に、分散している」。

息子がひとりで準備ができるような
モノの配置にしてやらなくてはいけない!

これは、
わたしにとって、ものすごく大きな気づきでした。

息子、4歳半。
ちゃんとわかるように説明してやり、
適切な道具や材料を与えてやれば、
かなり、いろいろなことが、できるようになっています。

「こんな子になってほしい」という願いはない、と言いつつ、
やっぱり、自分の身の回りのことは、自分でできる子になってほしい。

自分で自分のことができるような、
そんな環境に整えてやることこそ、
親の役目なんだ!

そこに、やっとこさ、
気づいたのです。

お片づけ。
今まで、やってもやってもうまくいかなかったのは、
「きれいにする」という漠然とした目的しか
なかったからなのかも知れません。
「こどもたちが、安全に、自分の力で生きていける家をつくる」
今、明確な目標ができたので、
のんびりペースですが、
すこしずつ、整ってきています。

さらに、場所を整えたことにより、
また、他のいろいろな理由で、
生活全般が整い始めていますが、
それはまた今度。

具体的な目標って大事。
そして、
息子よ、気づきをありがとう。

ではでは。

今日も良い1日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-12 10:34 | こどもとの日々 | Comments(0)