だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

なあんだ、君はわたしの子どもだったんだ。

息子の眠い時の
ヤカラっぷりがひどすぎる。

わたしが食卓で、
配膳するのを横で見てて、
配り終わってから
「ぼくがくばりたかったー!」
と怒り出す。

娘に先におかずを
よそってやろうものなら、
「ぼくがいちばんにほしかったー!」

あらゆることに、
難癖つけて、
暴れん坊主になります。
そして最後に号泣。

なんなんだろう、この子。

って思ってたの!

ここ数日、
わたしは余りにも疲れてて、
夕食後の片付けから寝るまで、
なんかもう、旦那に八つ当たりしまくりだった。

やっと、お布団に入って、
ぼんやりしながら自分を分析していた。

どれだけ疲れていても、
眠い息子と娘は、母ちゃんを求めてくる。
(昼間は父ちゃんで全然オッケーだけど、
眠くなると母ちゃんじゃなきゃダメなきょうだい・・・・)

その子らをなだめつつ、
夜のルーチンワークをこなすには、
爆発してアドレナリンでも出さなきゃ無理!
異常な状態は異常だけれど、
異常な自分にならないと、
一日は回らないんだよ。
(わたしはなにをいっているのか)

・・・・ってことを、
翌日旦那に話してみたら、
話してる最中に気づいた。

息子、わたしと一緒やん!

息子も、
疲れて
どうしようもないけど、
その状態で
なんとか起きているためには、
爆発でもしないと、
どうにもならんのだろう。

そっかー!

息子はわたしの子どもだったー!
a0330267_23174561.jpg
よかった。
(いいのか?)

もう少し、
息子の爆発を、
広い心で
受け止めてやれるかな。

ではでは!

今日も良い一日を!
[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-30 05:01 | こどもとの日々 | Comments(0)