だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

「丁寧」は作れるのかもしれない。

すこし前、ちょっとショックなことがあって。

ショックっていうか、なんていうか。

友人(わたしよりかなり若い女性)とお出かけしたとき、
その子の所作がとても美しかったの。

ほんとに、日常生活の一部の行動なんだけど、
「あっ、そうすれば、綺麗に見えるんだ」って、
すごく、感動してしまって。

そして、ガサツすぎる自分に
幻滅したのでした…。

なんか、マナーとか、綺麗な動きとか、
「そんなん、上流階級の人だけ、身につけといたらええんやろ。
わたしは、マナーが必要な場になんて行かへんし」とか思って、
すっごい、ないがしろにしてた。

いろんな動きも「荒っぽい」と言われ続けて
育ってきたし…。

「わたしには、そんな綺麗なうごきとかでけへん。
でも、それで問題ないし」
て、思ってた。

けど。

違うね。

綺麗な動きは、人を感動させるし、
一緒にいる人を、とても気持ちよくさせる。

そう。

綺麗な所作って、気持ちいいんだよね。

日常生活の送り方が、他人を心地よくさせるって、すごいよね。

そんでね。

わたし、ずっと動きが荒っぽいと言われてきたので、
丁寧にものを扱ったりすることが、
逆に恥ずかしくなっちゃってたところがあったんだ。
「今更、丁寧にしたって(仕方ないやん)…」みたいな。

でも、がさつに動いてたら、それが、「わたしの本質」になってしまう。

「本質」…。「本質」は変えられないのかな?

ううん。
そんなことはないって、
最近、思うようになった。

仕事の中でも、できるだけ、
今の私にできる最大限の「丁寧」を心がけるようにして。
そしたら、だんだん、「丁寧」が
身についてきたような気がするんだ。

性格って、変えられないと思ってた。

でも、そんなことはない。

「こうありたい」っていう具体的目標が見えたら、
それに向かって、ちゃんと、一歩々々進めば、
性格だって、きっと変えられる。

なりたい自分になれると思う。

今の目標は「食べ方美人」になること。

つい、姿勢悪く、お椀とかも適当に持って、食べてしまうけど。

食べ方が綺麗な人は、綺麗だから。

訓練すれば、身につくから。

綺麗になろう。

ではでは!

今日も楽しく!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-18 06:07 | 日々のこと | Comments(0)