だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

子どもを動かす魔法のことば。

朝の忙しい時間、着替えろと言っても着替えない。
靴を履けと言っても履かない
トイレに行けと言っても行かない、
ぐずぐずだらだらなうちの子どもたち。

そんなチビどもを動かす、魔法の言葉を発見した!
a0330267_15383630.jpg
いや、そんな大層なことじゃないんですけどね。

要はあれですよ。

「いつもトイレをきれいにご利用いただきありがとうございます」

いつのころからか、
コンビニとかお店のお手洗いで
よく見かけるようになったこのフレーズ。

なんとなく違和感を覚えつつ、
でも、こんなにあちこちで見かけるということは
効果があるんでしょう。

それを子育てにも応用!!

なかなか着替えようとしない息子に
「わあ! 一人で着替えられるの!? えらいねえ! 
もうすぐ5歳だもんね! さすがだねえ!」

ぐずぐずぐずぐずしている娘に
「すごーい! ひとりで、靴はけるの! えらい!」

怒ると、さらにぐずぐずしだすチビたちも、
こう言われると、自尊心がくすぐられるのか?
結構素直に動きはじめてくれる。

そんで、本当にちゃんと一人で着替えられたり
靴履けたりしたら、
大げさなほどにハイテンションで褒めてやる。

と、「できなくて怒られた」
じゃなくて
「出来て、褒められた」
プラスの記憶ができるので、
また次も、「やろう」って気になりやすいみたい。

本っ当に急いでて、こっちに余裕がないときは、
そんな小芝居やってらんないこともあるけどね。

でも、かなりの確率で、効きます。
「まず褒める」この方法。

あ、そうそう、この方法、旦那にも効くのですよ。

ゴミ出しお願いするとき、
さりげなく、
「え? ゴミ出しといてくれるの? 
嬉しいなあ~。ありがとう~」
って言ってみる。
そしたら、普通に「ゴミ出しといてね」って言うよりも、
機嫌よくやってくれるような気がする。
(そんで、出してくれたら、
あとで、思いっきりお礼を言っておく♡)

そういうこと繰り返してると、
いつの間にか、こっちが何も言わなくても、
勝手にゴミ出しの準備、してくれるようになったりもする♡

相手を動かしたいときは、まず褒める♡

これですね!

ではでは!

明日は祝日!
妖怪展行って来よう~♪

皆様も良い休日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-11-02 20:05 | こどもとの日々 | Comments(0)