だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

子どもに必要なもの。

先日は月に一度のお楽しみ、製本教室~。
いつものごとく、子供らを夫に預け、遊んできました。

(そういえば、以前親しくしていた方が、
実は昔、大学とかで製本の研究をされていた、
という事実が、最近発覚!
しかも、ふたり。
親しくしていた当時は、私は製本に興味がなかったので、
そんな話は出なかったんだよ。

なんと。
人生の伏線は張り巡らされていたのだねー。

おひとりとは、最近ご縁が復活したので、
改めて製本談義をするのが楽しみ♡)

でね!
出発前、支度をしていたら、
娘2歳がだっこ魔になって離れない~!
いつもは、眠い時だけ
わたしにすり寄ってくるぐらいで、
あとは独立精神の強い娘なのだけれど…

わたしが出かけることを察知してか、
抱っこを求めて号泣…

ええ~
いつも、あんた、
そんなんちゃうやん!

出発するときも
こんなぐずぐずやったらどうしよう~

って思いつつ、
仕方ないから抱っこひもに入れて、
片づけやら支度やらを進めて…。

40分ほども抱っこしていたかな…。

おやつで誘いつつ、抱っこひもから出したらば。

けろり、と
歩き出した娘。

え。
さっきの号泣はなんなん?

つまりさ。
母エネルギーの充電完了した、
って、
ことかしら?

別に出かけることの説明なんか
してないんだけど。
きっと何かを察知して、
今のうちに充電しとかなきゃって、
娘の本能が気づいたんだろうな。

んで、しばらくひっついてたら、
タンク満タンになったって、こと。

なんかね。

子どもって、
すげーなーって、
思ってさ。

自分に必要なもの、
ちゃーんと、
わかってるんだよね。

「さびしい」とも「行くな」とも
ことばではなにも言わないし、
充電した後は、笑顔で送り出してくれるんだけどさ。

どうすれば、
自分が笑顔でいられるか、
子どもは
自分で、ぜーんぶ、わかってる。

私は、
それを、
ちゃんと受け止めて、
ただ、
ただ、
求められたことを
満たしてやれば、
いいだけなんだな。

もちろん、
私にも余裕がなくて、
求められたことができないこともあるけど。

でも、基本は、
とにかく、
子どもを見て、
素直に、見ていればいい。

それだけで、
きっと、大丈夫なんだ。

そんな風に、
思ったんだ。

そして、子供たちは
夫に連れられて、
日本で2番目に小さい動物園で、
こーんなものもらったり。
a0330267_15365723.jpg
a0330267_15372840.jpg
これ、なーんだ?
実は孔雀の羽~
こんなに間近に見たり、触ったのって初めて!
自然の造形って、ほんとにすばらしいなあ~

美味しいパンたらふく食べたり
滑り台で遊び倒して、
楽しく過ごしてくれました~。

毎月のことだけれど、
夫と子どもたちに 感謝。

ではでは!

今週ものこりわずか!
明日も楽しく!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-11-03 19:41 | こどもとの日々 | Comments(0)