だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

お金を稼ぐこと、と、使うこと。①

先日から、
お金を稼ぐこと、
使うことについて、
いろいろ考えていて。

ちょっと、
一つの結論に達したので、
備忘録として書いておこうっと。

まずは稼ぐ方。

去年、製本、絵本関係で
いろんな活動をやってみて。

完全ボランティアだったり、
収入を見込んでめっちゃ準備したのに空振りだったり、
十分な対価をいただいたり。

いろんなケースを経験した。

うん、やみくもに動いてたけど、
かなりいろんなパターンを
経験させてもらえたので、結果的にとてもよかった。

で、
分かったことがひとつある。

「収入が目的の活動からは、何も得られない」

たとえばね、
作りたい気持ちがあって、
手作り市に出品して、
その時に、どんなモノがお客様によろこばれるかなって
想像しながら作るのと、

「収入を得たいから」手作り市に出品する、

のは、
全く、違う。

そして、去年を振り返ってみると、
「収入」目的の活動は、だいたい、空振ってる。

そうじゃなくて、「やってほしい」って、
誰かに求められて、
行った活動っていうのは、
どれも、うまくいっている。

うまくいくっていうのは、
お金を得られる、っていうことだけじゃなくて、
誰かに喜んでもらえたり、
自分が成長できたり
って面も含めて。

たとえばね、
内部事情明かすのは恥ずかしんだけど、
去年の頭に、友人に請われて、製本ワークショップ開いたの。
参加費アリで、参加者もそこそこ集まって、喜んでもらえたので、
あ、「ワークショップ」だったら、稼げるんじゃ?
って、わたしは勘違いしてしまった。

それから何回か製本関係のワークショップやらせてもらったけど、
確かに、毎回、いろんなことを学んだんだけど、
金銭的な収支でいうと、完全にマイナス。
作業面での労力からしても、全く、割に合わない。

初めは面白そうかも、ってやり始めたワークショップだけど、
最後の方は、ネタ探しとか準備面で、
だんだん苦痛になってきてたし。

そうまでして、
楽しくもないのに、
お金にもならないワークショップ、やる意味あるの?
って、気づいて、
ちょっと、このところ、ワークショップはお休みさせてもらってる。けど。

はじめにワークショップがうまくいったのは、
「ワークショップ」だったから?
もう一度、よく考えてみよう。

長くなるので、続きはまた明日!

今日も楽しい1日を!


[PR]
by kouboudaidai | 2017-01-11 05:23 | 日々のこと | Comments(0)