だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:作品( 18 )

ものがたりのはじまり。

おはなしをかいている。
ずっと。

春の初めから、
ずっと、かいている。

短い物語なのだけれど。

なかなかできあがらない。

あともう一歩のところまでいったけれど、
むりやりおはなしにまとめることはできそうなところまで
いったけれど、
やっぱり、なにかがきもちわるくて、
もういちど、
はじめから考えなおしている。

じぶんのなかにしずんで、
でも、こころはひろげて、
かんがえていたら、
かきたいことが、
まとまってきた。

ついつい、
あたまでだけ
かんがえてしまうけれど、
かきたいこと、
そのことをおもうと、なみだがでそうな、
なにか、が、
芯にないものがたりには
意味がない。

ちょっと、
なにかを
きょう、
つかまえたようなきがする。

たのしくて、
あかるくて、
かぜがながれていて、
かなしくて、
おもしろくて、
夢中になる、ものがたり。

そんなものを、
かきたい。

かけそうなきがする。

いまなら。

これをはなさないように。

もうひとふんばり、
がんばってみよう。

[PR]
by kouboudaidai | 2018-06-25 17:40 | 作品 | Comments(0)

嬉しいことがありました。

お久しぶりです。
いつも見ていただいてありがとうございます。

ブログが必要な時は書くし、
そうじゃないときは書かないし。
そんなスタイルでいいやと決めた。

半月、ブログどころではなくて、
やっと、ひと息ついた今日。

すごく嬉しいお知らせが舞い込んできた♡

まだ本決まりじゃないので、
詳しくは書けないけど、
製本の勉強に関すること。

こつこつ頑張ってきた2年間が、
ううん、今までの人生を
ちょっと肯定されたような気がする。

こつこつやってきて、
この道を歩んできて、良かったのかも。

まだまだ、これから
もっともっと頑張らなきゃいけないけど、
ちょっと、なにか、明るい光がさしたような。

うう、嬉しいなあ。

がんばろうー。

a0330267_12024057.jpg

[PR]
by kouboudaidai | 2017-12-19 17:55 | 作品 | Comments(0)

求められ続けるために。

絵本が描きたいんだ。

わたしのやりたいことはそれなんだ。


そんな、結論が、
出まして。

じゃあ、どうするか。

絵本、描いてる、よ。

今は、ある賞に応募しようと思って
ひとつの作品を描いてる。

その次にも、出そうと思ってるやつがある。

なにか締め切りがないと、
完成させるのって難しいので。

でもそれは、あくまでも
自分だけのことで。

理想を言うと。
誰かに、描いて、って言われる。
それに全力で応える。

そういう形の方が、
やりがいもあるし、楽しい。

今、ひとつ、イラストを頼まれている。
すごくすごくありがたくて、嬉しいこと。

頼まれた仕事がずっとある、っていうのが、
やっぱ、理想だなあ。
お金のやり取りが発生するかどうかは別として。

そういう環境を得る、っていうのが、
プロなんだろうなあ。

私の絵を、必要としてくれる人と出会う。

今は、ごく身近な友人知人からの
頼まれごとばかりなので。
あと、ひとまわり、ふたまわり、
その輪を広げていくこと。

それがきっと、わたしの次の課題。

そのためには、何をする?



[PR]
by kouboudaidai | 2017-09-03 06:08 | 作品 | Comments(0)

やりたいことを、細分化する。

やりたいことを実現する方法として。

その中身を
細分化するのが
良いんじゃないかと思いました。

去年は、やりたいことを、
一本化しようとして、
絵本ソムリエと名乗ってみたり、
いろんなことをひっくるめた活動を
実現しようとあがいていました。

でも。
たしかに、
その活動はどれも楽しかったし、
つながりもたくさんできたので、
それを否定するわけではないのだけれど。

まとめようとすれば
すれほど、
本当にやりたいことが
指のあいだから
すり抜けていくようで。

このところ、
また、
やりたいことって
なんだろう、と。

じっくりと
考えていて。

別に
一本化する必要は
ないんじゃないかという
考えにいたりました。

わたしのやりたいことって、
だいたい、本にまつわっているので、
だから、
「本」というカテゴリで、
一本化できるような気がしたのだけれど、
解きほぐしてみると、
実は、いろんな方向を
向いていることが、わかったきた。

たとえば、おはなし会をやってるけど、
目的はひとつじゃなかった。

こどもたちの笑顔を見ること。
選書を通じて、素晴らしい本に出会うこと。
読み手側で、いろいろな人とつながること。

豆本を作りたい。
絵本を描きたい。

それはけっしてイコールにならない。

工芸作品を作りたい気持ちもあるし、
絵本の作品を作りたい気持ちだって、本当。

その二つをひっくるめようとするから、
面倒くさいことになる。

製本にも詳しくなりたいし、
今はマーブリングの研究に夢中だったりする。

欲求を、細かく細かく分けて。
それを
ひとつずつ、満たしていく方法を
考えた方が、
結局、
近道なんじゃないのかな。

最近は
そんな風に
思っている。



[PR]
by kouboudaidai | 2017-08-30 06:18 | 作品 | Comments(0)

いつか行く場所。

製本教室の新コースが始まりました。

今度の先生は
スイス、アスコナの製本学校に
短期留学されたことがあるそう。

その体験のおはなしをいろいろ聞くうちに…。

海外に行きたいなんて
これまでの人生、一度も思ったことはないのに。

アスコナ、行きたいなあ…。

なんて思いが、
あぶくのように、
ぷつ、…っと。

そして、空想製本屋さんの
過去ブログを熟読したりして…。

行きたい、って
思うのは
タダだよね…。

行きたいって思って、
言ってたら、いつかチャンスが巡ってくるかも。

チャンスがやってきたとき、
ちゃんとその前髪をつかまえられるように。

ちょっとだけ、
日常に、
その夢を混ぜながら、
生きていってみよう。

きっと、
今の景色も、
違って見えるだろう。

まずは、
ドイツ語の教科書を引っ張り出そう。

いろんな留学体験記を見てると、
語学で苦労したって感想が多いので。

そして、きっと、
お金もいっぱい稼がないといけないし、
留学したとしても、
それをゴールにしないための、
生き方が必要。

夢。

なんだか久しぶりに、

ううん、もしかしたら、
初めて、夢ができた。

夢を持って、生きるのは、
楽しいな。

楽しいな。

夢、ありますか?

[PR]
by kouboudaidai | 2017-04-11 20:29 | 作品 | Comments(0)

豆本と小さな本。

大阪の「ギャラリーびー玉」さんでの
「豆本と小さな本展」がはじまっています!

今回の個人的テーマは
「とにかく作りたいものを作ってみよう」。(笑)

採算とか考えずに、
作ってみたいなーと思ったものを形にしました。

キューブとか。
a0330267_15505775.jpg
お茶の木を使った折り本とか。
a0330267_15512433.jpg
手のひらサイズの手帳とか。
a0330267_15511566.jpg
そらまめちゃんとか。
a0330267_15510621.jpg
すべて、中身は白紙なので、
使い方は自由自在~。

会期は14日まで。
最終日はわたしもお昼くらいから行こうと思っています。
a0330267_15513305.jpg
他にも20名以上の方が出展されていて、
じっくり見ようと思ったら半日かかりそう。

楽しい作品がたくさんありそうです。

お近くの方はぜひ!

[PR]
by kouboudaidai | 2017-04-08 06:43 | 作品 | Comments(0)

子どもの絵を和綴じの本に。

子どもの落書きが、
こんもりと溜まってきました。

落書きとはいえ、
日々の成長のあかし。
出来れば大事にとっておきたい。

でも、整理整頓や、ちゃんとした保管に
自信のない私。
ペラ紙のままだったら、
絶対いつか、ゴミとして捨ててしまうと思う…

でも、本の形にしておけば、
捨てる確率はぐんと下がる!

というわけで、今回は和綴じで綴じてみました!
a0330267_10143520.jpg
A4サイズが多かったので、
大きいものは折ったり、
小さいものはA4の紙に貼って、サイズを揃えて。
まずは中身だけを、
和紙で作ったこよりで、仮綴じー。

画用紙の表紙をつけて、
穴をあけて、さくっと和綴じに!
今回は「麻の葉綴じ」にしてみた。
a0330267_10144352.jpg
和綴じは洋綴じに比べて
手軽に短時間でできるのが良いですねー。
全部合わせて、1時間ちょっとでできました。
日本で長く、この綴じ方が用いられてきたのも当然だな。

開きが逆だったり、
穴の開け方が汚かったり、
いろいろ突っ込みどころはありますが、
ま、こうしておけば、捨てることはなかろ。

ではでは!
今日も良い一日を!



[PR]
by kouboudaidai | 2017-02-15 05:42 | 作品 | Comments(0)

やりたいことだけ、やろう。

ずっとやりたかった和綴じ。
初めて、本見て作ってみた。
a0330267_14485206.jpg
a0330267_14485017.jpg
a0330267_14484826.jpg
千代紙可愛いよねー。
手のひらサイズに可愛くできて満足♡
中には、子どもたちの日々の可愛い呟きを
記録していこうと思ってます。

楽しいことやりたい、ってずっと言ってるけど、
その気持ち、まだまだ不純だったってことがわかった。

やっぱり、心のどこかで、
わたしは(パート以外の)自分のやってることで、
お金を稼がなきゃって、ずっと思ってた。
製本とか、絵本とか、いろいろやってるけど、
なにかしら、対価をもらえることでなければ、
価値がないと、どこかで、思ってた。

別にね、旦那に稼げ、って言われたわけでもないんだよ。

むしろ旦那は、稼ぐとかどうでもいいから、
やりたいこと、やんなさい。って言ってくれる。ありがたい。

でも、わたしは、
我が家は裕福ではないのだから、
何かやるのであれば、ちゃんと見返りが得られることでなきゃ、って思い込んでた。

でもね。
考えてごらん?

わたし、家事全般、育児8割やったうえで、
パートでもお金を得ている。
生活費の一部と、自分の趣味にかかる費用分ぐらいは得ている。

家族のためのエネルギー、それだけかけていれば
十分でしょ?

あとは、本当に、
真実自分の為に、生きて、何の文句があるの?

これ以上に、お金を稼ごうとして、
そんで、結果、自分のやりたいことからずれたことやって、どうすんの?

旦那は、ずっと、
そのことを言ってくれてたのにね。

わたし、わかってなかった。

そりゃあ、絵本を描いたり、本を作ったり、
それで、対価を得られたら、めちゃくちゃうれしい。

だけど、それが目的になっちゃあ、いけないよね。

やりたい、おもしろそう、やってみたい、
心の底から、逃れられないエネルギーで、そう思う。
心のままに進む。

そうするからこそ、見える景色がある。

やっと、ちょっと納得しました。

なので、正月からこっち、
やりたいことをがんがんやってます。

和綴じもそのひとつ。

あともうひとつ、やってみたい工作があるので。
冬休み中にできるかな?

楽しみ楽しみ。

ではでは!
今日も楽しく!

[PR]
by kouboudaidai | 2017-01-06 14:51 | 作品 | Comments(0)

木のおもちゃキットの絵本を描きました。

木のおもちゃのキットに添付する
パンフレットの絵を描かせていただきました!
a0330267_14410204.jpg

おもちゃのキットは、
和束町の雇用促進協議会の方が
提案されているもの。

和束の木を使ったおもちゃを作ろう。
「おもちゃのパーツをつくる」
「おもちゃを売る」ことを仕事にしよう。
仕事を増やすことで、
和束に移住してくれる人を増やそう。
…というプロジェクトなのです。

おもちゃの種類は現時点で
ちっちゃなトラック、サルのコマ回し
キジのプルトイ、さかな釣りなどがあって、
どれも簡単なパーツでできてるのに可愛いの。

協議会の方に声をかけていただいて、
今回、そのおもちゃと一緒に
お客様にお渡しする簡単なパンフレットの
イラストを描かせていただきました!

ここで全ページをご紹介~。
a0330267_14305082.jpg
a0330267_14305250.jpg
a0330267_14305427.jpg
a0330267_14305637.jpg
a0330267_14305899.jpg
a0330267_14304610.jpg
a0330267_14304844.jpg
(本当はもう1ページあるのだけど、
うまくアップロードできませんでした。ごめんなさい)


担当者の方の
和束の木、日本の森、そして世界の森への思いが
ぎゅっと詰まった素敵な(自分でいうのもあれですが)
パンフレットです。

この取り組みがいい循環を
生んでいけばいいなあ、と祈っています。

すてきなプロジェクトに関わらせていただいて
ありがとうございました!

ではでは!

今日も
明日からも、
楽しい日々を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-12-18 15:11 | 作品 | Comments(0)

森のカラフル。

先週末は、お誘いをいただいてグリーンウッドワーク
体験会に参加してきました♡

グリーンウッドワークとは、切ったばかりのなまの木で
(電動工具は使わず)ものづくりをすること。

ちょっぴり木工をかじった私にとっては
木は乾燥させてから加工するものというのが大前提。

なのに、生の木?

なんで?

どうやるの?

参加前から興味津々だったのですが…

楽しかった!

とりあえず、道具がおもしろい!
「削り馬」とか、「せん」(削る道具)とか、
見たこともないような道具がいっぱいで。
特に、削り馬の形が、シンプルでありながら
超機能的かつ可愛くて…♡

「いろんな木で色鉛筆をつくろう」
がテーマだったのですが、
削ってるだけで十分おもしろい…

皮があって、
その下に硬い層があって、
それを削ると、
みずみずしい木肌が現れて…

乾燥した材木とは
全く違う削り味と
香りと、
手触りと…

ほかの参加者の方も、
いろんな形、太さの木で
個性あふれる色鉛筆の森ができました♡
a0330267_22162378.jpg
これは楽しい!

竹バージョンもあるそうなので、
これも気になるところ。

今回はわたしひとりで参加したけど、
こどもらがもうちょっと大きくなったら
一緒に椅子作りとかやってみたいなあ。

ではでは!

今日は晴れるかな?

良い一日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-10-04 05:14 | 作品 | Comments(0)