だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:内軟骨腫( 10 )

抜糸。

わーい。

抜糸してもらいましたー。

これで運転も解禁!

お風呂も解禁!

わーい。

指もほぼ元通り曲がるようになり、
先生も驚くほどの回復っぷり~。

でも、作業療法士の先生によると、
第1関節は若干曲がりにくくなってて、
腱の一部が癒着しかかってたっぽい。

毎日ちゃんとリハビリやってるんだけどなー。

まだまだ気が抜けませんー。

術部はまだかなり腫れてるしねー。
早く腫れが引いてほしいよう。

あ、あと、腫瘍の精密検査の結果が出まして、
良性でしたー。よかったー。

でも、なんとかの(よくわからない)密度の数値が高いらしく、
平均よりは再発のリスクが高いそうで…。
1年くらいは病院通いが続きそうです。
ぬううう。
再発しませんように…。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-04-07 15:43 | 内軟骨腫 | Comments(0)

内軟骨腫のこと。まとめと、これから。

本当は、ここに書くつもりはなかった。

でも、
私も、手術前に、同じ症状の、いろんな人たちの
ブログを読んで、
いろいろ心の準備ができたので、
私の経験も、一つの例として、
だれかのお役に立てばいいなと思い、
記事をアップすることにしました。

「内軟骨腫」について、
興味のある方は、同カテゴリ内の記事を
読んでいただければと思います。

手術についても、リハビリについても、
すごく主観で書いてますし、
まったく専門知識はありません。

方法などは、症状や、病院や、先生によって、
何が、良いか悪いかは、本当に、ひとそれぞれだと思うので、
もし、これから手術を受ける方は、
主治医の先生を信じて、ついていってください。

さて、今日は退院翌日。

週末に抜糸予定で、それまでは運転もできないし、
(動き的にはできなくはないけど、
もし事故った時に、この状態だと、こちらの過失になる可能性がある)
どこまでの動きが可能か確かめつつ、
ゆっくりと家事。

固いものを包丁で切るのも禁止なので、
なんか、料理をする気も起きず。
ダメ主婦の一日。

手の写真、全然載せてませんが。

現在、指の幅はそんなにほかの指と変わらず。
手の甲側に、内出血っぽく、
ちょっと腫れている感じです。

右手の方が、左手より、若干黄疸っぽいかなー。
やっぱり内出血の影響…?

指はほぼ元通り曲がります。

「ぶつけちゃダメ」っていうのが、
粗忽者のわたしには、なかなか難しいんだけど。

のんびり、丁寧に、ゆっくり、いきましょう。


[PR]
by kouboudaidai | 2017-04-04 16:17 | 内軟骨腫 | Comments(2)

退院。

長い1日。

月曜日は教授先生の回診の日だそうで、
朝からなにやらざわざわ。

ま、わたしの手術なんて、
ちまっこいものなので、
ほぼスルー。

回診を待つ間、担当の先生方と
いろいろおしゃべり。

結局、術後、まったく痛みはやってこず、
鎮痛剤を1度も飲まなかった私。
そのことと、ほぼ元通り曲げられるようになったのを
見せていたら、

先生たち
「真ん中を切ったのがよかったねー」
「1ミリこっちにしてよかったんだよ」
と、ご満悦。

指は腱とか神経とかいっぱいあるから、
ちょっとでも傷つけたら、術後が大変で、
今回は、うまく、それらを避けて切開できたのがよかった、らしい。

じゃっかん、モルモットの気分ですが…。
まあ、大学病院だし、それは仕方ない。

人体のことなんて、全然わかんないけど、
どこに血管があって、どこに腱があるかなんて、
そりゃあ、だいたいは似通ってるだろうけど、
でも、個人個人で違う部分も多いだろうし、
そんな風にうまくいくかなんて、
やってみないとわかんないんだから、
今回、(とりあえず今のところは)
すごくうまく手術してもらえて、
ラッキーだったなあって思う。

同じ症状で、手術後、癒着しちゃって、
3回ぐらい追加で手術しないといけなかった人もいるらしいので。

でも、ここが終わりじゃなくて、
まだまだリハビリは必要だし、
家に帰っても、しっかりがんばろ。


最寄駅まで夫に迎えに来てもらって、
まずは買い出し。
患部は、とにかく「濡らしちゃダメ!」なので、
ゴム手袋とか、あと、大きめのカットバンとか。

帰りにちょっと高級な和食屋さんに寄って、
ささやかな退院祝い~。
病院食は、まずくはないけど、
全体的にものすごく薄味だったので、
まともな味付けのごはんが染み渡る~。

ごそごそ片づけつつ、チビたちの帰宅を待つ…。

あ、帰ってきた。

息子は、にひゃー~~っと嬉しそうな顔して、
とびこんできて、ハグ♡ 
娘は…。
あれ? 私の前をスルー。
完全無視?
え、お、お母さんだよ?
って言ってみても、
「イヤー」と、おばあちゃんに抱き着きに行く…。

うそー。

忘れられた?

ま、5分経たないうちに甘えてきたので、ほっ。

わが娘ながら、たくましいや…。

やっぱりおうちはええのう。

患部は「濡らしちゃダメ」「ぶつけちゃダメ」「重いもの持っちゃダメ」なので、
なかなか、日常生活、気を使いますが…。
そして、買ってきたゴム手袋も、指が通らず、
(腫れは少ないとはいえ、やっぱり、内出血があって、
ほかの指よりは結構太い…)使えない…。

まあ、仕事はしばらくお休みをもらっているので、
ぼちぼちやろうー。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-04-03 20:13 | 内軟骨腫 | Comments(0)

術後3日。

土日は外来の患者さんがいないし、
リハビリもお休み、先生の診察も
全体的に少なめで、なんとなくのんびりした病棟~。

私が入院しているのは整形外科の方ばかりの病棟で、
けっこう症状の重い方も多いのだけれど、
全体的に「頑張ってリハビリして退院しよう!」っていう
明るい雰囲気が漂っていて嬉しい。
みんな励ましあってリハビリしているのが、なんか、すごくいいかんじ。

先生も良い方ばかりだし、
ここに入院して良かったな。

景色もすごく良いし。

リハビリもないし、
麻酔からも完全に覚めて、
とても暇な日曜。

手の曲げ伸ばしにも飽きたー。

外出許可をもらって、
裏手の河川敷を小一時間お散歩♪

おお~、春風じゃー。
数日の間に、
完全に春になったー。

うう、お日様が気持ちいいよー。
細胞がぴちぴちしてる感じ…。
自然の光と風ってすごいなあ。

と、幸せになって、院内に戻り。
院内地図をぼーっとみていたら。

患者用図書館が設置されているのを発見!
し、知らんかった!
昨日来てくれた夫が、
なんと差し入れの本を忘れやがって(失礼)
今朝、読む本がなくなってきて
ふて寝してた私はなに!

行ってみると、
なんと24時間開放で、貸し出しも可能らしい。
な、なんて素晴らしい場所なんだ!
住みたい!

冊数は少ないけど、
医学系だけじゃなくて、結構ラインナップも充実。

とりあえず晩御飯まで入り浸る…。

そして、高山さんの日々ごはん①を見つけ、
久しぶりに読み返す。

「買い物に行きたくなかったので、『夜はさみしいごはんでもいいか』
とスイセイに聞いたら、『いやじゃ』と言うので買い物に行った」

という一文に、なぜだかじーんとくる。

あと、ナンシー関さんの急逝に触れている箇所があって、
もともと家から持って行っていた銀色さんの「引っ越しといぬ」も、
同時期に書かれたことが判明し、なんか、ちょっとした偶然に、ほーーー、となる。

図書館は良いなあ。

読みたい本を読む、というのも嬉しいけれど。
図書館の限られた冊数の中で、
いろんな分野の本を、ぐるぐると眺め、
気になる本を、次々手に取って、
気のすむまでめくる楽しさよ。

病院にいると、考え事をするのも、
億劫になってくるけれど、
図書館うろうろで、頭に血がめぐり始めた感じ。

明日の退院にむけて、
いい準備体操になった。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-04-02 19:46 | 内軟骨腫 | Comments(0)

術後1日。

なんとなくまだ、麻酔の余韻がのこって
ふわふわした朝…。

リハビリは術後、できるだけ早くした方が良い、
とのs先生からのお達しで、
お昼ご飯前にリハビリ室へ~。

いきなり包帯をはがされ…。(ぺりぺり)
あ、でも、もう出血はほぼ止まってる。

そして、手も、
もっとパンパンに腫れるかと思ったけど、
薬指の、それも手術した部分だけちょびっと腫れてるだけで、
他はほとんど腫れてないー。

うまいこと手術してくださったのかしらー。
腫れなくて良かったー。

作業療法士のsn先生登場。
笑顔でごり押すタイプ?
術後1日目だし、
軽く動きをみる程度かなーと思ったら、
「動かすのに制限はありません」(笑顔)と繰り返しつつ、
ぐいぐい曲げてくる…!

私「い、痛いです!」

先生「うん、でも制限はないから。(笑顔)
   今、動かしとかないと、固まっちゃうから。(笑顔)(ぐいぐい)」

(繰り返す)

よれよれになって病室に戻るー。

でも、術後2、3日目ぐらいが大事らしい。
術後すぐは、意外と動くんだって。
で、2,3日、リハビリせずにほっとくと、
癒着して固まっちゃうらしい…。

薬指とはいえ、利き手が動かなくなったら困る!

ぼけぼけしつつ
手の曲げ伸ばし運動→アイスノンで冷やす、
のループをえんえん繰り返す。

おかげで、夕方の診察では、
先生たちも驚くくらいに指が曲げられるようになったー。
わーい。

順調なので、月曜日に退院がほぼ決定ー。
わーい。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-31 18:26 | 内軟骨腫 | Comments(0)

手術。

今日は手術でした。

全身麻酔なので記憶なし…。

夫に来てもらって、
一緒に手術室の前へ~。

テレビとかで見る手術着の先生たちがいっぱいー。
s先生もt先生(手が専門の先生)も
いらっしゃるはずなのに、マスクで顔が分からない。めそめそ。

中に入って、ベッドに寝て、
酸素マスクつけられて、
2回まばたきした時には夢の中。


手術を終えて、
夢うつつのままに、ベッド移動。
t先生が夫に手術の説明してるのをうとうと聞きつつ…。

なんとなく意識が戻ってきたときには
夫は帰宅しちゃってた…。

とりあえず、術後は、
むくみ防止のため、
「手を心臓より高くあげること」
「冷やすこと」
を、何度も言われたので、ずっと手を挙げている…。

夕方、許可が出たので、
夫の置き土産のプリンをありがたく頬張る。
うまーい。

今のところ、痛み止めなくても、
全然痛みはなくて、とりあえず、ひと安心です。


[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-30 19:09 | 内軟骨腫 | Comments(0)

手術前夜。

とうとうこの日がやってきた。

おはなし会やらイベントも全部終わったし、
製本教室の修了制作も終わったし
豆本展の作品も完成したし。

離れて暮らしている実母に来てもらって、
子どもたちを託し、心置きなく入院です~。

別に命に関わるような手術ではないので、
私は気楽…。いっぱい本が読める~
大変なのはきっと旦那。
たまには(?)頑張ってもらおう。

明日が手術、とはいえ、
簡単な検査以外、特にやることもなく、ぐだぐだ。

夕食以降は絶食で、
OS-1(経口補水液)を明朝までに1リットル飲んでおけ、とのこと。

お、おいしくない…。

息子出産以来なので、
5年ぶりの一人のベッド~。
静かすぎてなんだか寂しいわ…。




[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-29 20:33 | 内軟骨腫 | Comments(0)

そして大学病院。

大学病院は遠かったー。

若干風邪気味で
へろへろになりながら行ってきました。

やっと専門の先生に診ていただける~。

同じ内軟骨腫の人のブログとかを
いろいろと読み漁り。

手術にもいろいろ種類があるみたい。
人により、病院により、
千差万別だなーと、参考にさせてもらいました。

自分の腰の骨を移植する方法だと
全身麻酔で入院も10日間以上。

人工骨使用、局所麻酔の
2日間ぐらいの入院で帰ってる人もいるみたい。

ま、総合病院の先生も「日帰りで行けるんじゃない~」
って言ってたし、指先だし、2日ぐらいの入院だったらいいなー。

なんて。

甘く考えてましたが。

優しくて人当り良くて
仕事のできる男! ってかんじのs先生登場~。
ちゃんと話を聞いてくださりつつ、
てきぱきと進める姿をみて一瞬で信頼♡

診断は今までと変わらず。

ほっといても良くはならないので、
手術しましょう。と。

で、骨は人工骨を使用。
時間が経つと、自分の骨に吸収合併される素材が
あるんだってー。科学はすごいー。

私「麻酔は局所麻酔ですか?」

先生「いえ、全身麻酔です」

私「!」
(全身麻酔だと入院が長くなるからやだーー!)(泣)

でも、指とはいえ、(第一関節より先だと、
局所麻酔でできないことはないそうだけど)
骨の中は麻酔が効きにくいそうで、
こちらの病院では、同様の手術は基本全身麻酔でされているそう。

先生「麻酔が効いてなくて、もし手術中に指が動いたら、
   傷も増えちゃうでしょう?」

そうですよねー。

入院期間は手術後の経過次第なので
はっきりは言えないけど、短くて4,5日、長くて10日くらい。

むむう。
子どもらを置いて入院するのは心配だが、
仕方あるまい…。

3月頭に、手術前の検査をもろもろ受けて。
ちょうど春休み中の
3月末に手術の予約をできたので、
春休みは入院だー。

職場にも報告せねばー。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-02-04 11:31 | 内軟骨腫 | Comments(0)

検査&検査&検査。

今日は人生初!MRIでした~。
30分間、動いちゃいけないと言われ。
なんか、全身ばきばきしてる…。


年末に紹介状もって、
総合病院に行ったらば。

病名が出ました。
おそらく、
「内軟骨腫」(ないなんこつしゅ)
とのこと。

検査しないと確定はできないけど、
たぶん良性の腫瘍で、
ただ、まわりの骨がかなり薄くなってるので、
やっぱり、手術した方がいいかも、だそう。

ただ、こちらの整形外科の先生も
腫瘍は専門じゃないということ。
大学病院の先生と相談しながら
進めていきましょうかーという話だったのだけど、
やっぱりちゃんと専門の先生に
診てもらった方が良いとのことで、
管轄の大学病院へ送られることに…。

ただ、検査はここでやっといたほうが手っ取り早い
ってことで、1月は毎週、病院通いでした。
レントゲンにCTにMRI~。
(1日にまとめて、って、できないらしい)

ふー。

お休みがなくなるーー。

おはなし会の予定とか
あんまり入れとかなくてよかった…。

腫瘍周りの骨が、ほんとに薄くなってるので、
ほっとくと骨折の可能性もあるらしい。(病的骨折というそうです)
骨折しちゃうと、また治療がめんどくさいし、
しかもこの腫瘍は自然治癒はしないらしい…。

うーむ。
じゃあ、手術しかないよねー。

ま、先生曰く、
「局所麻酔で、日帰りでいけるんじゃないかな」。

手術後、多少不便でも、
日帰りでやってもらえるんなら、いいかな~。

大学病院まで片道2時間強。
遠いー。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-01-26 15:40 | 内軟骨腫 | Comments(0)

ことのおこり。

今日は久しぶりに何も予定のないお休み。

ずっと行きたかった
(行け行けと夫に言われ続けていた)
整形外科へ行ってきました。

なぜかというと。

右手薬指が、
ずっと腫れていて。

第一関節と第二関節の間が
ちょびっと太いのです。

いつから腫れているのか
記憶が定かでない…。
たぶん5年以上前から。

普段は痛くはないんだけど、
何かにぶつけると、ぶわっと腫れて、
腫れてる間は、かなり痛い…。

腫れたり、治ったりを
ずっと繰り返していた。

実は3年前、整体に行ったんだけど、
そのときは妊娠中でレントゲンをとれず。
テープ巻いて、腫れを抑えるだけで終わりました。

昔に突き指でもしたかな~?
それがうまく治りきってないのかな~?
なんて思いつつ、日常生活にはほとんど支障ないので、
ほったらかしていたのだけど。

それでも、腫れたり、治ったり、腫れたり。

いずれ、ちゃんと診てもらわなー。と思いつつ。

子育てと仕事と趣味に忙殺され、
今日まで放置していた…。

今日は暇だーってうきうきしてたら
「なら医者に行きなさい」と夫。
ついに観念して、近所の整形外科に行ってきました。

優しそうなおじいちゃん先生です。
症状を訴えると、速攻でレントゲン。

しばし待って、写真が出来ました。

先生「ほら、これ、わかる?」

私「え、骨の中が黒いですね…」
(ほかの骨は、中心まで真っ白だけど、
薬指だけ、骨の中に黒いまるがある)

先生「たぶんこれ腫瘍だね」

私「しゅ、しゅよう?」(漢字変換できていない)

そんな単語、自分の口から初めて発した!

私「突き指か何かかと思ってたんですけど…」

先生「そんなんじゃないよ。
   これ、手術して取った方がいいねー」

は? 手術?

うそー。

とりあえず、この医院では手術はできないとのことで、
近所の総合病院に紹介状を書いてもらいました。

なんとー。

思ってもみなかった展開に、
ひゃーーーー、ってなりながら帰宅ー。

しゅじゅつ…。

しゅじゅつ…。

えええーーーー。

めんどくさいなーーーー。

とりあえず総合病院でしっかり見てもらおう……。

[PR]
by kouboudaidai | 2016-11-29 20:16 | 内軟骨腫 | Comments(0)