だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:たべもの( 11 )

「できる」ようになるための、一番の近道。

今年は初めて
梅干し作りにチャレンジしました!

梅干し作りも楽しかったのだけれど、
それを通して、
ものすごい気づきが
あったのです。
a0330267_10351425.jpg
味噌を仕込んだり、
梅酒を漬けたり。
保存食作りに親しんでいる私ですが、
梅干し作りは
どうにも難しそうで、
毎年毎年、
やりたいやりたいと言いつつ、
手を出せないでいました。

今年こそは、と思って、
私は考えました。

なにが「難しそう」なのか?



・なんだか工程がいっぱいで大変そう。
(梅を漬けたり、シソの処理をしたり、干したり…?)
・カビさせてしまいそう…。

そう、心理的ハードルが
すごく高いのです。

それで、さらに考えました。

じゃあ、どういう方法ならできそうなのか?

簡単な梅干しの作り方、を調べてみると、
どうやらジップロックで漬けることもできるみたい。

シソ無しの白梅干しというのもあるらしい。

わたしにはシソの処理というのが
大変な難関で、
それをしなくてもかまわない、というのはすごい朗報でした。

正当な方法で
赤い、いわゆる「梅干し」を作るのは
憧れだけれど。

目標が高すぎて、
いつまでの憧れのままなのなら、
今の自分にできる方法で、
まずやってみればいいんじゃないのか?

というわけで、
今年は1キロ(少量なら失敗しても被害が少ないもんね)の梅を
ジップロックで漬けて、白梅干しを仕込んでみました!

今年はなんだかお天気が不安定で、
土用になっても晴れの日が続かず、
遅くなってしまいましたが、
やっと今週頭から土用干しをしました。
(土用干しもしなくても構わないみたいだけど、
これはやりたかったので干してみた)

そして容器に詰めて~。
a0330267_10352247.jpg
おお!

見た目は梅干しっぽい!

このまま数カ月寝かせればできあがり~。

できたやん、私!

んで、一度やってみると、
いろいろわかるんですよね。

梅を傷つけないこと、
梅酢が上がれば、あとはそんなにカビの心配がないこと。

やってなかったら、
全工程がもやもやっと難しそうに見えていたのが、
どんな方法でも、やってみると、
その勘所が見えてくる。

そうすれば、
次はまた、ステップアップした方法でやればいい。

「自分にできる方法で、まずやってみる。」

これがすごく重要、ってことが、
身にしみてわかりました。

きっとこれは、
どんなことにも言えると思う。

運動とか、勉強とか、
製本の新しい技術を試してみることでも。

まず、やってみよう。

そんなわけで、
実り多き梅干しづくりでありました~。

<覚書>
梅 1キロ
塩 約20パーセント

7/3 漬ける
7/6 梅酢あがる
7/31~8/2 土用干し



[PR]
by kouboudaidai | 2017-08-03 11:02 | たべもの | Comments(6)

今年の味噌づくり。

今日は我が家で味噌作り。

来年のためにもろもろ覚書ー。

材料は3年前からお世話になっている
南日味噌醤油株式会社さんで購入。
大豆2キロ、麹2キロ、塩1キロのセット。
(これで出来上がり量は約8キロ)

6:30 大豆1回目(500グラム分)茹ではじめ。(圧力鍋)
     25分くらいで沸騰。20分加圧→自然冷却。

7:10 別の大なべで大豆2回目(1キロ分)茹で開始。

7:30 大豆3回目(500グラム分)茹ではじめ。(圧力鍋)
     20分弱で沸騰。20分加圧→自然冷却。

圧力鍋の2回分は、20分の加圧で充分
(親指と小指でつぶれるくらい)やわらかくなった。

大なべの大豆は10時くらいまで煮て、
ほぼやわらかくなった。
(けど、圧力鍋でやった方がやわらかいぐらい)

穴あきお玉とか、
すり鉢すりこぎとか、
ビニル袋に入れて手で潰したりとか、
いろんな方法で潰しまくるー。

今年は友人親子たちがいっぱい来てくれて
一緒にわいわいもみもみ。
ちっちゃい手がいっぱいでかわいいー。
a0330267_15155183.jpg
麹と塩混ぜて、
大豆と混ぜて、お団子にして。

うちの分は樽に詰めて。(約3キロ)

ほかの人たちのは1キロずつくらい、
ジッパーつきの袋に詰め詰め。

唐辛子入れとくとカビがはえにくいと
聞いたので、1本入れてみた。
a0330267_15154723.jpg
12時前には作業終了~。
みんなでやると早ーい。

味噌作りって、一人でやろうと思うと、
煮たり潰したり混ぜたり、
結構大変な作業だけど、
こうやって、みんなでわいわいやると
楽しいしあっという間に終わっちゃうー。

泥遊びみたいで、子どもには超楽しい作業だしね。

さーて、今年はどんな味になるかな。



More
[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-18 21:34 | たべもの | Comments(0)

お味噌ができました。

お味噌解禁♡

3月に仕込んだお味噌。

今年は、夏場に一度も様子を見てやることもなく、
いつの間にか、半年経っていました…。

そろそろ開けなきゃと思いつつ、
カビまみれになってたらどうしよう!?
という恐怖から開けられずにいて、
そしたら、一緒に味噌作りした友人から昨日、
お味噌どう?ってメールが来て。
意を決して、オープン!!



やっぱり、ラップが浮いてる部分には、
黒やら白やらのかびるんるんが!!
a0330267_14253937.jpg
でも、スプーンで、表面を削ったら、
中から、いい色のお味噌が顔出した!

味も…。うん、お味噌の味がする!

もう一個の、ワークショップで仕込んだ味噌も、
ついでに開けてみた!

こっちのほうが色は黒みがかってる。
a0330267_14253338.jpg
んで、ポリ袋で仕込んだから、そこに空気が入ったのか、
カビ?が結構全体に回っているような…。
これは…、大丈夫なのか?
真ん中らへんは大丈夫そうで、味も美味しいのだけれど…。
むむー。

まあでも、これで半年以上、お味噌には困らない♫

わーい。

ではでは!

今日も楽しく!
[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-23 05:28 | たべもの | Comments(0)

6月の梅仕事。

裏庭の梅で
梅シロップと梅ジャム作った♡
a0330267_09415900.jpg
☆レシピ☆
梅 500g
砂糖 400g
(今回は梅酒の残りの氷砂糖を使用。
 たぶん、どんな砂糖でもいいと思う。はちみつでもおいしそう)
水 1リットル

①梅を冷凍する。
 ※ここがポイント!
  一度冷凍することで、エキスが出やすくなるそう。

②カチカチになった梅と、全ての材料を鍋に入れ、強火。
 沸騰したら弱火で20分程度コトコト煮る。
 10分くらいすると、すんごいいい香りが漂います。
 途中、砂糖が溶ける程度にかるくかき混ぜる。
 (さわりすぎると、梅が潰れるので注意)

③火を止め、濾しながら、保存ビンに入れる。→梅シロップの完成!

④シロップを100ccほど鍋に残し、
 梅をつぶしながら、種を取り除きながら、すこし煮詰める。→梅ジャムの完成!

シロップは氷水や炭酸水で、
お好みの濃さに希釈してどうぞ~
酸っぱすぎず、フルーティーな香りが最高!
夏にぴったりの爽やかなシロップです!
a0330267_09414173.jpg
梅ジャムは酸味がしっかり残っていて、
市販のジャムが甘すぎるって人にはおすすめ!
ヨーグルトに合わせると、
酸味同士が中和するのか?
ヨーグルトの酸味がまろやかになって、おいしい~

このレシピだと、
梅を冷凍しておけるので、
一度に大量に仕込まなくていいし、
飲みたい時に簡単に新鮮シロップが作れる!

この夏は梅シロップで乗り切ろう♡

ちなみに、今年は梅干づくりデビューしたかったのですが、
「毎日干さなきゃいけない」ってのが、
パートの身にはハードル高くて、
シロップ&ジャムになりました…。
梅干はまたそのうち~

ではでは!

今日も楽しく!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-06-26 05:34 | たべもの | Comments(0)

旦那を夏までに5キロ太らせよう! え、痩せようじゃなくって?

おはようございます。
いつも見ていただいてありがとうございます。

ちまたでは、いつだって、
「メタボ対策」「ダイエット」大流行りですが、
我が家はその逆を行きたいと思います。

旦那を夏までに5キロ太らせよう!
a0330267_06153042.jpg
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
うちの夫はやせ型のひょろひょろ。
(本人は中肉中背と言い張りますが)

ただでさえ、あんまり体力がない夫、
この夏、ちょっと(かなり)体力を消耗しそうな
ミッションをこなさなければならないことになりました。
(過去、それを体験した同年代男性は、
ミッション後、6キロ痩せたそうです。)

このままのひょろひょろでミッション遂行したら
冗談でなく死んでしまう・・・・!!

なので、「夏までに5キロ!」「太ろう!!」計画です。

で、聞きたいんですけど、

どうやったら太れるんですか??

普通の食生活を送ってると思いますが、
結婚太りとは無縁の夫。
なにを食べさせれば、太ってくれるのか!?
メタボに悩んでいる方からしたら、贅沢な悩みかもしれませんが、
とっても切実です。

ちなみに、
ジャンクなものは食べ過ぎると体調崩すので却下。
甘いものも虫歯が怖いので却下。
コッテリ系よりあっさりが好き、な、夫。

健康的に痩せる方法はあっても、
健康的に太る方法って、どうすればいいの!?

とりあえず、(今は野菜多めのごはんなので)
肉料理を中心にして、
肉攻撃したいとおもいますが、

「健康的に太れるメニュー」
「あっさりと、お肉をたくさん食べられるメニュー」

教えて・・・・!!

とか言いつつ、
今朝のメニューは
ごはん、納豆、卵焼き、野菜たっぷりコーンスープ、イワシの煮物。
我が家の平均的朝ごはんやけど、
こうやって書いてみると粗食かも・・・・。
なんだろう。ベーコンとか食べれば良いのかな。
わかんないよー。

健康的に太れる方法、誰か教えてくださーい!!

ではでは!

今日はみそづくりするよ!
今日も楽しい一日を!!


[PR]
by kouboudaidai | 2016-03-12 06:16 | たべもの | Comments(4)

これはおすすめ!~お酢編

こんにちは。
絵本ソムリエさえです。

前回の「おすすめお醤油」から
ずいぶん間が空いてしまいました。

(そうそう、余談ですが、
わたしが「絵本ソムリエさえです」って名乗るときは、
自分がポジティブなとき、ってことに最近気づきました。
自分に自信がないときは、
「こんなわたしなのに、絵本ソムリエなんて恥ずかしい~」
なんて思ってしまって、堂々と名乗れない。
別に、見ている人にとっては、
関係ないのにね。
おもしろいものです)

今回のおすすめ調味料はお酢!

すっぱいもの好きの我が家に酢は欠かせません。

そんで、
これまた、
ただの「酢」って、
なかなか売ってないのですよ。
ポン酢とか○○風酢とかはいっぱいあるのですが。
そういうお酢は、
口に入れたときは美味しいんだけど、
後味がいまいち。
なんだか尖った味が、喉に残るんです。

そんななかで、これはおすすめ。
村山造酢株式会社さんの千鳥酢。
a0330267_14572285.jpg
かなりキリっとした酸味ですが、
お野菜や他の調味料と混ぜると、
うまくまろやかに馴染み、でも存在感はしっかり。
後味さっぱりで、ツンとしません。
いつものピクルスや南蛮漬けが
一層おいしくできますよ。

いろいろな料理本などでも
紹介されているのを見かけますが、
うん、やっぱり、お酢はこれ!

おためしください♪

今日もよい一日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-03-02 05:45 | たべもの | Comments(0)

いま食べたいものを食べよう。

おはようございます。
こころとからだのありのままを大事にしよう、
が、このところのテーマの私です。
(たぶん、ずっと、テーマとしては持っているんだけど、
最近、より強くそれを感じる)

そのために。
ごはんまわりの週末の仕込みを
最近、大幅に減らしました。

平日はだいたい外で働いているので、
ごはんにかける時間はあまりない。
だから、以前は、
土日に、「おかずのもと」をがっつり仕込んでいました。

でもなんか、
それがしっくりこなくなってきた。

「おかずのもと」があると、
便利。だけど。

「今日何が食べたい?」
「いま、わたしは何を食べたい?」

そう、問いかけることが、
無くなっていた。

お魚が食べたいかも知れないのに、お肉を仕込んであるからそれを焼く、とか。
何が食べたいのかも考えず、冷蔵庫にあるおかずを温めて出すだけ、とか。

便利だけど。
便利だけど。

a0330267_11225858.jpg

からだは何を欲しているか。
からだの声を聞くことが忘れられているんじゃないのか。

そうそう。
家族はね、お昼ご飯以外は同じものを食べているので、
からだのサイクルはみんなだいたい同じ。
だから、わたしが「これ食べたい!」って思って
作った料理は、家族も「そうそう、これ食べたかったんだ!」って
喜んでくれることが多いの。

だから、わたしが自分のからだの声を聞くことは、
家族のからだの声をきくことでもある。
あたたかいもの?
すっぱいもの? からいもの?
醤油味? 塩味? トマト味?
やわらかいもの? 歯ごたえのあるもの?
どんなものがほしい?

問いかけて、
答えて、
食べたいものを、作る。

ご飯を作るのに、
時間がかかってしまうかもしれない。

でも、いまのわたしは、
食べたいものを食べることのほうがいい。

もちろん、土日のおかずを多めに作ったり、
漬物を仕込んだりはします。
やっぱり、ちょっとしたおかずが常備されていると
平日、ずいぶん安心だもの。
でも、ほどほどでいいや、と思ったのでした。

さて今夜は何を食べようかな。

今日も良い一日を♪

[PR]
by kouboudaidai | 2016-02-26 06:22 | たべもの | Comments(0)

これはおすすめ! お醤油編

おはようございます!

子どもの食が気になるシリーズ、
おすすめ調味料の第一弾は醤油です。

えっと、
子どもの舌を育てるためには、
ちゃんとした調味料を使うのが一番、
だと思っています。

手早くおいしい料理を作るのにも。

新鮮な素材に
すこしだけ、おいしい調味料をあわせれば、
それで十分。それが十分。

ちゃんとした調味料っていうのは、
簡単に言えば、できるだけ少ない原材料で作られたもの。
醤油だったら「大豆、小麦、塩」
味噌なら「大豆、こうじ、塩」など
酒なら「米、こうじ」
これだけのもので、本来は調味料が作れるんです。

でも、スーパーなどで見てみてください。
原材料の表示。
大抵の調味料には、
びっくりするくらい色々なものが入っています。
アルコール、砂糖、各種添加物、着色料・・・・
調味料なんか、本来保存食なんだから、
保存料なんて不要なのに、入っていたりする。

なんで、不要なものを
口に入れないといけないの?

あと、うちの夫は添加物過敏症気味で、
添加物多めの「だし醤油」とか「めんつゆ」とか使うと
からだが受け付けなくて食べてくれなかったりする。

なので、できるだけ、
原材料の少ない調味料をいつも探しています。

けどね!

ないの!

今回はお醤油についてですが、
醤油も、「だし醤油」のバリエーションは
やたらあるんですけど、
ただの「醤油」って、
ほんっと、ない!!

で、どこのスーパーでも、
結局うちが買うのはいつもこれ、です。
a0330267_11225512.jpg
チョーコー醤油さんの「むらさき」「うすむらさき」。
原材料は「小麦」「大豆」「食塩」「米」。
米はなんで入ってるのかな?
でも、数多い醤油たちのなかでは、
最もシンプルな材料で作られています。
味はもちろん二重丸。

お値段は確かに結構高めですが、
これ一本あれば、
すだちと合わせて「ポン酢」に、
鰹節とあわせて「だし醤油」にと
様々に変化させられますし、
なにより安心して使えます♪

もうすこし小ぶりなサイズも売られていますので、
もし、見かけたら試してみてくださいね★

きっと手放せなくなりますよ。ふふ。

ではでは。

次回はお酢です♪

今日も良い一日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-02-21 05:55 | たべもの | Comments(0)

子どもの「食」が気になる気になる。

おはようございます!
いつも読んでいただいてありがとうございます。

子育てしていると、子どもの口に入るもの、気になります。

子育てって、つまり、子どもにごはんを食べさせることと、
生活リズムを整えてやること、
親にできることって、せいぜいそれぐらいだと思っています。

だから。
たべもののこと、テキトーですけど、
結構、気をつけてはいます。
子どもの舌は、作られるものだと思うので。

そんな生活の中で、
気づいたこと、おすすめの調味料などのことを
ちょこちょこ書いていこうかなと思います。


まず1番に。
子どもって、本当に「おいしい」ものだったら、
絶対に食べると思うんです。(アレルギーとかは別にして)
わたしは「子どもが好き嫌いする」というのが信じられない。
もし、食べないものがあったのだとしたら、
本当においしい「もの」を食べていないだけだと思う。
(まあ、そう言えるのは、
うちの子らが好き嫌いしないからですが。ありがたいことに)

歯が生え揃ってないから、
筋があるお肉や野菜は噛み切れないから食べにくい、とか。
香辛料がきつくてたべられない、とかはあると思いますよ。

でも、ほんとうに美味しいものなら、食べると思う。

肉大好きで、きのこには興味なかった娘が、
採れたて原木しいたけを焼いて出したら、
目の色変えてばくばく食べたり。
a0330267_10370002.jpg
魚の骨、自分では取れなかった息子が、
脂の乗った鮭のカマにしゃぶりつき、
それ以来どんな魚でも自分で食べられるようになったり。

野菜は積極的には食べない娘が
ばあちゃんから送られてくる超おいしいミニトマトは
いくらでも食べたり。

隣のおばあちゃんちから時々いただく花菜、
子供には結構苦味がきついと思うんだけど、
新鮮だからか、息子はもりもり食べます。
(他の、スーパーで買ってきた菜っ葉は、
あんまり好んでは食べないんですけど)

自宅で適当にだけど、
ちゃんと鰹節でだしを取って
作ったうどんの汁は飲み干すけど、
フードコートの得体の知れないうどんの汁は息子、全く飲まなかったり。

そうそう、離乳食開始直後、
まだあんまり、食の進まなかった娘が
おいしい和食屋さんのちゃんと手をかけたごはんを
(茶碗蒸しとか煮物とか。)もりもり食べて驚いたこともあったなあ。

子どもって、「おいしいもの」、ちゃんとわかると思うんですよね。

だから、
その舌を尊重して、
その繊細さをこわさないように、
ちゃんとしたものを食べさせてやりたい。

別に、料亭や高級レストランに連れて行くってワケではなく。

「食」だけに力をかけても、
それはそれで大変なので、
私が楽しくやれる範囲で。
出来る範囲で、ね。

そんな日々の料理を助けてもらってる調味料、
次回から紹介させていただきます。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

今日も、良い一日を♪




[PR]
by kouboudaidai | 2016-02-19 06:08 | たべもの | Comments(0)

からだあたためレシピ。りんご。

おはようございます!

からだをあたためるデザートです♬

りんごのおやつを作りました。

a0330267_10283144.jpg

レシピ
りんご 1個
シナモン粉末 少々

1 りんごの皮、芯をとり、8つに割る。
2 3ミリ厚くらいにスライスする。
3 耐熱容器にいれ、ラップをしてレンジに2分程度かける。
4 好きな器に盛って、お好みでシナモンをかける。

お砂糖なしでも、
りんごの自然な甘味がうれしい、
こどもにも安心なおやつです。
あったかいままでも、冷やしてもどちらでもおいしいです。
これをホットケーキや蒸しパンに混ぜ込むのも
お手軽おやつでおすすめですよ。

りんごは寒い地方でとれる食べ物なで
からだをあたためてくれます。
シナモンは、中国では「桂皮」と呼ばれ、
冷えの改善を目的として漢方薬にも使用されているそう。

シナモンの風味、りんごの甘い香りで
気持ちもほかほか、豊かになります。
あっためた牛乳をおともに、おいしくいただきました♥
こどもたちはシナモンなしで、ペロリと完食。

今日もほかほか、良い一日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-01-17 06:27 | たべもの | Comments(0)