だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

なあんだ、君はわたしの子どもだったんだ。

息子の眠い時の
ヤカラっぷりがひどすぎる。

わたしが食卓で、
配膳するのを横で見てて、
配り終わってから
「ぼくがくばりたかったー!」
と怒り出す。

娘に先におかずを
よそってやろうものなら、
「ぼくがいちばんにほしかったー!」

あらゆることに、
難癖つけて、
暴れん坊主になります。
そして最後に号泣。

なんなんだろう、この子。

って思ってたの!

ここ数日、
わたしは余りにも疲れてて、
夕食後の片付けから寝るまで、
なんかもう、旦那に八つ当たりしまくりだった。

やっと、お布団に入って、
ぼんやりしながら自分を分析していた。

どれだけ疲れていても、
眠い息子と娘は、母ちゃんを求めてくる。
(昼間は父ちゃんで全然オッケーだけど、
眠くなると母ちゃんじゃなきゃダメなきょうだい・・・・)

その子らをなだめつつ、
夜のルーチンワークをこなすには、
爆発してアドレナリンでも出さなきゃ無理!
異常な状態は異常だけれど、
異常な自分にならないと、
一日は回らないんだよ。
(わたしはなにをいっているのか)

・・・・ってことを、
翌日旦那に話してみたら、
話してる最中に気づいた。

息子、わたしと一緒やん!

息子も、
疲れて
どうしようもないけど、
その状態で
なんとか起きているためには、
爆発でもしないと、
どうにもならんのだろう。

そっかー!

息子はわたしの子どもだったー!
a0330267_23174561.jpg
よかった。
(いいのか?)

もう少し、
息子の爆発を、
広い心で
受け止めてやれるかな。

ではでは!

今日も良い一日を!
[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-30 05:01 | こどもとの日々 | Comments(0)

数をこなさなきゃ、見えないこと。

やっぱりあるんですよ。

数をこなさなきゃ
見えないことって。

「まずはアクセス数〇〇を目指せ」とか
「1日〇記事書け」とか
「フェイスブックで〇にん友達作れ」とか。

いろいろいろいろ、
これがセオリー、みたいなことが
言われている。

言ってる、人たちがいる。

(ブログが人生の目標じゃないもん)
(アクセス数が目的じゃないもん)

とか、思いつつ。

でも、
山に登れば
きっと
違う景色が見えるだろうと思ったので。
目標を設定して、
それを目指して、日々、走っている。
(ちなみに、その目標って、
フェイスブックのお友達1000人。
興味のある方に、コツコツ、
申請させていただいてます)
a0330267_23001947.jpg
まだ、目標の3分の1までも
到達していないけれど、
やっぱり見えてきたことがある。

いつ、どのタイミングで、
どんな内容の記事を書いたら、
どんな人たちの、
どれだけの反応があるのか。
あるいは、どれだけ反応がないか。

書けば書くほど、
そのデータは集まってくる。
書けば書くほど、
誤差は減ってくる。

つまり、
単純に、
統計学なんだ。

データが多ければ多いほど、
意味のある結論が得られる。

そして、
確かな傾向がつかめるところまでいったら、
あとは、ストライクに入る球だけ
投げればいい。

セオリーをどれだけ学んだとしても、
わたしのどの球が、あなたのストライクに入るかは
わたしにしかわからないので、
結局、「わたし」が「数」をこなすしかない。

そういうことなんだろうなあ。

面白いなあ。

もっと登れば
きっと、
また違う景色が見えてくるんだろう。

なにが見えるかな。

わくわくする。

ではでは!

今日も楽しい1日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-29 05:37 | 日々のこと | Comments(0)

ひとつだけ、変えてみる。

普段、車で走っている道を、
原付で走った。

川の上を走る、風の冷たさ。
日差しのあたたかさ。
木陰に差し掛かった時の、
思いがけない涼しさ。

車に乗っていたら、
気付かなかったこと。
a0330267_16101863.jpg
「いつも」を
少しだけ、
変えてみよう。

きっと、
気づくことが
ある。

今日も楽しい1日を!
[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-28 05:59 | 日々のこと | Comments(0)

旦那を太らせようプロジェクト! 光明!

その後の旦那。

風邪をひいて、
更に2キロ減!

あかん。

太ってる時の
私と同じ!

回復し次第、
ごはん大盛り攻めで
なんとか2キロ増。

しかし、
そこから増えません。

死ぬ。

そこへ
一筋の光明が!

隣の家のおばあちゃんから、
畑からもいだばかりの
キャベツとサニーレタスをいただきました。

生で食べるのが美味しいよ、
とのことなので、
生姜焼きの予定だったお肉を
ちょっと濃い目に醤油で味付けて、
のっけてみました。

子供たちは、醤油だけ。
大人は、
肉汁に酒と醤油と生姜たっぷり、
軽く煮立てて、
生姜ダレを添えました。

そしたらば!

たべることたべること。

採れたて野菜が
美味しいから、
なのでしょうが、
お肉も、それと一緒にご飯も、
いっぱい食べてくれた!

お肉苦手な息子も、
野菜で肉を巻いたら、
もりもり食べてくれた!

調子に乗って、
今日も、パリパリチキンを
キャベツに乗っけてみた。
これまたぺろり。

これいい!

韓国の焼肉って、
こんなんだよね!

これから、お手本は韓国だ!(?)

夏までにあと7キロ!

がんばれ旦那!
(でもまた若干風邪っぽいのは内緒・・・・)
a0330267_19485642.jpg
ではでは!

皆様、良い夢を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-27 19:49 | 日々のこと | Comments(0)

本を大切にするということ。

新しい勉強をはじめました。
a0330267_23164473.jpg
製本、本の修理と修復について、
あらためて、本格的に
学ぶことにしました。

きっと、たくさんのことを知るでしょう。
たくさんのことを感じるでしょう。
たくさんの人と出会えるでしょう。

ちいさく、飾り気のない扉だったので、
気軽に開けてみたら、
目がくらむような広大な空間が広がっていた。
そんなかんじです。

自分が足を踏み入れた森の深さに、
驚き、
そして、
とてもワクワクしています。

興味があることを、
全力で勉強するって、
なんて楽しいんだろう。

月一回、朝から夕方まで。
母を自由の森に
解き放ってくれる、
旦那と子どもたちに、
感謝、感謝です。

学んだこと、感じたこと、
またいろんな形で、
共有していければいいな。

ではでは!

今日も良い一日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-27 05:46 | 日々のこと | Comments(0)

コネだからどうした? コネも力だっつの!

東京五輪のエンブレムが
決まりましたね。

夫経由の
ネット情報だけど、
「コネの力で1位取った」
らしいって、
槍玉に上がってるらしい。

それがどうした??

コネも実力でしょう!?

ていうか、
コネこそ、
力だと思うよ!

一度でも、
自分で何か
イベントやってみるといい。

人脈が
どれだけ大事かってことが
わかるから。
それを得るのが、
どれだけ難しいかが
わかるから。

人はみんな、
人脈を、
お金を出して、
買うんだよ!

デザイン力なんて、
センスなんて、
みんな、そう大差はないよね。

コネがあるってことは、
それだけの努力を、
時間を
お金を、
費やしてきたって
ことだよ!



普段、
あまり、こういうネタは
書かないのですが。
あまりにも、
バカバカしかったので、
書いてしまいました。

さあ!
デトックスして、
今日もがんばろう!


[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-26 07:55 | 日々のこと | Comments(0)

日常をつくることと、こわすこと。

「ケ」が大事。

「ハレ」と「ケ」の、ケ、ね。

息子が3ヶ月の時に、
生活リズムをコントロールすることの重要性を
大好きだった皮膚科の先生に
教えてもらってから、
いかに、
「日常」を構築するかに
腐心してきた。

スムーズに、
日常を運ぶこと。

昨日と同じ
今日を作ること。

子どもは
毎日の繰り返しに
安心する。

けれど、
同じ毎日を
送っているうちに、
なにかが狂ってくる。

人だし、
自然だから。
a0330267_15460109.jpg
暖かくなって、湯たんぽがいらなくなる。
毛布がいらなくなる。
子供たちも、成長する。
今まで届かなかったところに
手がとどくようになり、
ひとりでトイレに行けるようになり、
お手伝いができるようになり、
はたまた、手伝いができないと怒るようになり。
絵本に興味がなかったのが、
エンドレスで、読めというようになり。

今までどおりの時間割でうごいていると、
なにかがおかしくなってくる。

なにかうまくいかない。

それに気づくのが重要。

気づいたら、なにかを変えてみる。

そしてまた、あらたな日常を作っていく。

娘がしっかり朝ごはんを食べるようになって、
朝食後の時間が足りなくなってきた。
今まで食後に洗濯物を干していたのをやめて、
前夜に洗濯機を回し、朝1番、子供らが
起きる前に干すように、変えてみた。

ちょっとしたことだけど、
ストレスが減って、
スムーズに流れるようになった。

構築と、調整。

心地よい日々を続けるために。

違和感に、敏感でいたい。

今日も、良い一日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-26 05:29 | 日々のこと | Comments(0)

和束町図書室にておはなし会を行ないました。

おはようございます!
絵本ソムリエさえです。

昨日4月24日は、
わが町、和束町図書室で
おはなし会を行ないました。

保育園仲間のお母さんの飛び入り参加や
新メンバー女子の
初々しくも素敵な読み聞かせあり、
鯉のぼりの折り紙づくりありの、
楽しい時間となりました!
a0330267_14580659.jpg
a0330267_14581478.jpg
a0330267_14582557.jpg
今日読ませていただいたのはこの4冊。
もけらもけらもけらもけら
作:山下 洋輔 / 絵:元永 定正出版社:福音館書店絵本ナビ

おとなりさんおとなりさん
作:きしら まゆこ / 絵:高畠純出版社:BL出版絵本ナビ

だれのこどもかな 薮内正幸 福音館書店
ちいさなこいのぼりのぼうけんちいさなこいのぼりのぼうけん
作:岩崎 京子 / 絵:長野 ヒデ子出版社:教育画劇絵本ナビ

ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました!

いろいろな声で、読み方で、
ものがたりを聞くのは、心地よいですね。

決まりきったおはなし会ではなくて、
お母さんたちが、読みたい絵本をもちよって、
順番に読むような、絵本サロンみたいな
場所を目指しても、良いのかもしれない。
今日は、そんなことも、思いました。

絵本の、美しい文章を声に出して読むのは、
とても気持ちが良いですし、
絵本を見つめる、子供たちの
真剣な、きらきらした顔に出会える時間は格別です。

読み手さん、随時募集中ですよ~

☆今後の予定☆

おはなしのじかん
 5月 8日(日) 10:30~ 30分程度
 和束町体験交流センター内ホールにて
 乳幼児さんから、大人の方まで、どなたでもご参加いただけます。
 一緒に楽しい時間を過ごしましょう☆

[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-25 05:54 | おはなし会 | Comments(0)

すんません、忘れてました。

忘れてました。

なにを?

結婚記念日ヽ(;▽;)ノ


先日夕食時、

私「(脈絡なく)ケーキ食べたいなあ」

夫「明日食べようか」

私「え? なんで? どうしたん?
  (誰の誕生日でもないで?)」
 (我が家では、ケーキは誰かの誕生日にのみ登場する贅沢品です。
  しかも、そのケーキも、基本手作りなので、食べるということは
  私に作れ、と言っているということです。)

夫「明日仕事休みやろ。
  買ってこようか?」

私「は? どうしたん!??」
 (出不精の夫が、自らケーキ買ってくるとか、ありえん事態)


私「・・・・・・・・はっ!!!!」
 (↑思い出した。)


そういえば、数日前、結婚記念日でした。(爆笑)
a0330267_14191985.jpg
               (屋久島は新婚旅行)

これ、わたしが覚えてて、
夫が忘れてたら大喧嘩なのでしょうが、
今回は二人共忘れてて、
しかも、夫は先に思い出していた・・・・
(でも、夫も、当日を過ぎてから思い出したらしい)

我が家は夫婦円満でございます・・・・

みなさん、結婚記念日、
ちゃんと覚えてますか?
どうやって覚えてますか?

ちなみに、結婚記念日は
婚姻届を出した日?
結婚式を挙げた日?

うちは、婚姻届を出した
二日後に、結婚式だったので、
記念日的なものが二つあって、
それで、覚えにくいのもある・・・・(言い訳)

とりあえず、結婚5周年?6周年?
(そこらへんも曖昧・・・・)
おめでとう! これからもよろしく!

ではでは、
今日も良い1日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-24 04:42 | 日々のこと | Comments(2)

安全な場所などないこの国で、日常を暮らすということ。

被災地に物資を送るんじゃなく被災者を安全な場所に送った方がいいんじゃね?って話

そうだよね!

って、すごく同意した。

と、同時に、
疑問も生じる。

安全な場所って
どこさ?

日本なんて、
プレート入り組みまくり、
断層だらけ。
次はどこが震源になっても
おかしくない。

活火山も
いたる所にあるし、
雨が降ったらすぐに土砂崩れ。
自然災害の見本市。

海外の人から見たら、
なんであんなちっちゃい
危ない国に、あんないっぱい住んでんの?
って思われてんじゃない?


いつも考える。

極寒の土地に、
食料も少なく、
毛皮にくるまって暮らしている人たちのこと。

急斜面にはりつくように、
それでも、工夫して棚田を作り
生きている人たちのこと。

灼熱の太陽の下、
一滴の水を大切に、
なんとか生活している人たちのこと。

どうして、みんな、太古の昔から、その場所に居て、
快適な場所に集まっていかないのだろう?

もちろん、様々な理由がある。
国を越えるということ。
情報がないということ。

でも、いつも感じるのは、
「日常のくらし」というものの強さ。

生活がある。
絶え間ない、
かけがえのない、
日々が
そこにある。

どれだけ、その環境が過酷でも、
「いまいる場所」を振り切って、
別の土地を目指すのは、
ものすごくエネルギーが必要。

それだけ、
日常とは、
どうしようもなく、
力強いものなのだ。

それを感じる。


だから、熊本の被災者の方は、
熊本にいろ、というのでは、ないですよ。
一時的にでも、
ほかの場所に避難を、というのなら、
できる限り、その方たちの「日常」を
守ってほしいと思う。
生きていくためには、
安全に暮らせる屋根と壁が、食料があれば
それでいい、わけじゃない。

学校に行くこと、仕事に行くこと、
本を読むこと、ピアノを弾くこと、
ボールを蹴ること、
友達と他愛のない会話を交わすこと・・・・
それがあるから、生きていける。

住居だけではなく、
就労、就学も含めた、
受け入れ態勢、情報の公開が、
多くの自治体でされればいいなと思います。

被災された方々が、
一日も早く、
「日常」を取り戻されますように。

今日も、良い一日を。

[PR]
by kouboudaidai | 2016-04-23 06:07 | 日々のこと | Comments(0)