だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雲の向こうの階段をゆっくりと登っていこう。

おはようございます。
朝日の写真を撮りたかったけど、今朝はしっとりと雨。

代わりに昨日の夕焼け。
a0330267_06382702.jpg
自然のパワーはやっぱりすごい。

ここ1週間ぐらい、お休みが多かったのもあって、
ずっと、家周りの草刈りをやっていた。

夏のあいだ、おうちの中でお絵描きばかりしていたから。

ひさしぶりに、太陽の下で、
風に吹かれ、草の匂いを嗅いでいた。

ずっと、ずっと、いろんなことを考えながら。

私はコミュニケーションが苦手で、下手くそで、
人と関わるたびに、自分のできなさにへこたれてしまう。
作ることも、描くことも、まだまだ未熟で、
作ってる時は楽しいけど、出来上がってしまうと、
興奮の揺り返しがきて、あれもできなかった、これもできなかったと
悔しい思いばかりが頭をよぎる。

今は考える時期なので、
考えていると、無駄な雑念がいっぱい湧いてくる。

後悔。

自分のダメっぷり。

たくさんの嫉妬心。

ああ~もう、やだなあ。

でも、風に吹かれて、
雑念を飛ばして飛ばして、考えたいことだけ
考えられるように、頭の中をシャープに、切り替えて。

そうやっていると、
アイディアのとっかかりが、見えてくる。

次のステップへの階段が、ふっと、目の前に現れる。

その瞬間が、とても嬉しくて、楽しい。

そうして、もう一度あたりを見回して。

あの道よりも、その坂よりも、
「この目の前の階段」を登っていこうと決めて。

なにを持っていけばいいか、考えて。

そうして、また、歩き始める。

昨日、夕焼けの下で、
ぼんやりと階段が見えたので。

もう大丈夫。

さあ、歩いていこう。

今日も1日、楽しく!
[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-28 06:53 | 日々のこと | Comments(0)

フィクションが動き始めるとき。

フィクションがいきいきと動き始めるための秘密。

なんだと思う?

…息子を見ていて、すこしわかったような気がする。


あいかわらず「魔女の宅急便」に夢中な息子。
2日に一度くらいは、
「ぼく、13歳になったら、出て行っていい?」
「ぼくが13歳になるまでに、黒い布で服作っといてね」
「ぼく、10歳になったら、枝でホウキ作るの」と
魔女宅ネタをつぶやいている。


息子が初めに見たのは、もちろんジブリアニメの「魔女の宅急便」
電車やらバスやら飛行船やら出てきて、乗り物好きの息子は大興奮。

だけど、そのときは、見終わって、「あー面白かった」で、終わり、だった。

あくまでも、じぶんとは関係のない「フィクション」として、
楽しんでいたんだね。

ところが後日、うちの本棚にあった原作1巻を見つけ出した息子。
文字は読めないくせに、わずかな挿絵からその本が
魔女の宅急便であることを推察し、「読め」と、持ってきた。

ちゃんと理解できるのかな~と半信半疑で読み始めると、
スッゲー集中して聞いてる。

でね。
息子が魔女宅の世界で遊び始めたのはそれからなんだ。

アニメにはキキの出発前のエピソード、
そんなに詳細には描かれていない。
でも、原作では、
10歳の時に、魔女になるかどうかの選択をして、
13歳まで練習や準備をして、というエピソードが
順をおって、書かれている。
それがあることで、
「ぼくもキキも、同じ人間」という認識ができたんじゃないかな。

たぶん、アニメの世界に、現実世界からジャンプするには、
その幅が広すぎるんだと思う。
だから、対岸から眺めているだけで終わってしまう。
(それが悪いって言ってるんじゃないよ。)
でも、原作の世界には、ホップ、ステップがあって、
現実世界から到達することができる。

だから息子は、魔女宅の世界で、
自分の想像力も働かせながら、
いきいきと遊べるようになったのだと思う。

繰り返すけど、ジブリアニメバージョンが悪いって言ってるんじゃない。
アニメはアニメで素晴らしいし、私も大好き。

私が気づいたのは、
「どういう描写を入れれば、
子どもはどう受け止めるのか」ということの一例。

いや、創作の勉強とかされてる方にしたら、
当然のことなのかもしれないけど(^_^;)

私にとっては、けっこう大きな発見だったので、
覚書として、書いておく。

ではでは!

今日はひさしぶりにすこし青空を拝めました。

明日も天気にな~れ!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-25 17:08 | えほんってすごい! | Comments(0)

雨の日のおうち遊び。

雨の多かったシルバーウィーク。

お出かけもしにくかったのではないでしょうか。

我が家も、町内の図書館、お買い物、隣町の図書館…。

さすがにネタ切れで、
こんなものを投入してみました。

以前から、一度やってみたかった
小麦粉粘土!!
a0330267_15362842.jpg
レシピ
薄力粉 1カップ
サラダ油 大さじ2
塩 大さじ2
水 50cc

ちなみに、油は、粘土を滑らかにするために、
塩は防腐剤がわりに入れるらしい。

全部混ぜて、軽くこねれば、
口に入っても大丈夫な小麦粉粘土の完成~♫
a0330267_15362938.jpg
子供たちは大喜びで、
こねこねころころしまくってくれましたとさ。

パン屋さんごっこ~
a0330267_15363672.jpg
とんでるの~(? by娘)
a0330267_15364350.jpg
そして私は、思う存分、自分の時間を
楽しめましたとさ(*´∀`*)

しかし、この小麦粉粘土。
遊んだあとはどうしよう?
1週間くらいは、持つらしいけど、そのあと
捨てるには少々もったいない。
100パーセント安全な食品なので、
焼いたり茹でたりすれば食べられそうだけどね。
(ちょっと塩分キツすぎるような気もするけど)

「その後」の使い道、アイディアあれば、教えてくださーい。

ではでは!

今日も楽しく!!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-24 05:26 | こどもとの日々 | Comments(0)

お味噌ができました。

お味噌解禁♡

3月に仕込んだお味噌。

今年は、夏場に一度も様子を見てやることもなく、
いつの間にか、半年経っていました…。

そろそろ開けなきゃと思いつつ、
カビまみれになってたらどうしよう!?
という恐怖から開けられずにいて、
そしたら、一緒に味噌作りした友人から昨日、
お味噌どう?ってメールが来て。
意を決して、オープン!!



やっぱり、ラップが浮いてる部分には、
黒やら白やらのかびるんるんが!!
a0330267_14253937.jpg
でも、スプーンで、表面を削ったら、
中から、いい色のお味噌が顔出した!

味も…。うん、お味噌の味がする!

もう一個の、ワークショップで仕込んだ味噌も、
ついでに開けてみた!

こっちのほうが色は黒みがかってる。
a0330267_14253338.jpg
んで、ポリ袋で仕込んだから、そこに空気が入ったのか、
カビ?が結構全体に回っているような…。
これは…、大丈夫なのか?
真ん中らへんは大丈夫そうで、味も美味しいのだけれど…。
むむー。

まあでも、これで半年以上、お味噌には困らない♫

わーい。

ではでは!

今日も楽しく!
[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-23 05:28 | たべもの | Comments(0)

ナスカラブ。

ナスカ超可愛い。

次回作にイメージ膨らませ中で、
いろいろ図録やらを眺めてた。

やっぱりナスカ、超かわいい。

(あ、この展示会、10年も前なんだー)

かわいいので、参考にして、
いろいろ描いてみた。
もとは陶器とかの模様や装飾。
こういうのって、著作権関係どうなってるんだろう…。

猿ー。
a0330267_13271279.jpg
トカゲー。
a0330267_13271108.jpg
なんか人ー。
a0330267_13265264.jpg
魚もった人ー。
a0330267_13271226.jpg
わたしの画力はさておき、
うー、かわいいー。

こんなふうなテイストで絵本書いてみたいなー。

やっとひさしぶりにちょこっと青空がのぞいて、
子供たちは昼寝する気配もなく、
外できゃっきゃと遊んでいる。

数分前まで、「寝ろー!!」と怒鳴ってたけど。

今日はもう、いいか。
夜、早く寝てくれるだろ。
あとで息子リスエストの芋でもふかしてやろう。

2人で楽しく遊んでくれてるので、
私もコーヒーでも淹れてたのしくやろ♡

ではでは!

いつも見ていただいてありがとうございます!

今日も楽しく!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-22 13:36 | 作品 | Comments(0)

整える。そしてまた走り出す。

制作に追われた2ヶ月。
先週、最後の締切が終わり、ひと段落の連休でした。

さらに昨日は、台風で保育園も仕事もお休み。
避難勧告の出ていないここでも、
かなりの雨と風。
大きな被害が出ませんようにと祈りながら、
ずっと、おうちのことをやっていました。

お休みのあいだは、
ひたすら、子ども達とべたべたいちゃいちゃしながら、
娘と夫の誕生日のお祝いに、
珍しく本を見ながら、ちょっと手の込んだ料理を作って。
荒れ果てたお部屋をおかたづけ。
いらない服を整理して、ウエスに切って、あちこち拭き掃除をしたり。
書類の山を片付けて、
切り替えるのをずっとサボっていた車の保険の手続きも済ませたり。

それでも時間が余ったので、
練習で綴じた紙の束を可愛くハードカバー状態にしてみたり。
a0330267_14500350.jpg
a0330267_14500565.jpg
ちょっとお部屋にいろどりをプラスしてみたり…
a0330267_14495598.jpg
(これは、ホームセンターで可愛いジョウロがあったので、
お花を生けようと、うきうきと購入したらば、
生ける用じゃなかったみたいで、水が漏れて…( ̄▽ ̄;)
しょんぼりしたので、そこらにほうっていたのだけれど、
思い直して、プリザーブドフラワーを飾ってみました♡)

古本屋さんで手に入れたまま放っていた本を
にやにやとめくったり。
a0330267_14500635.jpg
…でもね。

でもねじゃないけど、でもね。
いろいろやった、っていっても、
全体合わせても、大した時間はかかってないのよ。

ちょっと片付けるとか、
いらないものを捨てるとか、
旦那の好物を作るとか、
そんな簡単なことすら、この2ヶ月、やってなかった。

それに気づいて、
ちょっと、わたし、主婦としてどうなん!?と、凹みました。
家事も育児も、ないがしろにしすぎちゃう?って。

でもね。

制作に没頭していた、2ヶ月が、
とても緊張感に満ちていて、充実していたのも事実なの。
わたしが本当に、目指すところに行きたいなら、
その緊張感を保つことは、きっととても重要だと思う。

子供たちの相手をして、
おうちを整えて、手の込んだ料理を作って。
そういうことに時間を使っていれば、
それはそれで、楽しいだろうし、時間はあっという間に過ぎていく。

でも。

でもばっかりだけど。

でも。

わたしは、それだけじゃ生きていけない。

やりたいことに向かっていないと、
「楽しく」ない。

そうそう。
やりたいこと、たくさんあって、
そんなに移り気でどうしようかと思ってたけど、
それはそれでいいんじゃないかとこの頃思っている。

やりたいことの中にもいろいろあって。

10年かけてこつこつやりたいことと、
とにかく全力で、持てる力全てで向かいたいことと、
もっともっとゆっくり、でも、やめずにやり続けたいことと。
その場その場で、瞬間的に「やってみたい!」って思うことと。

どれも、あっていいことだと思う。

それぞれをやっている「そのとき」に、
「そのもの」に集中していれば、
全てをないがしろにせずに、いられると思う。

そう。だから。

2ヶ月、あちこちほったらかしで、
ダメ主婦…っても思うけど。
2ヶ月に1度、こうやって、リセットする時間がとれるなら、
それでいいんじゃない? って、思ったりもする。

今、やりたいことがあって。
ちょっと無理をすれば、やれる時間と環境があって。
じゃあ、やらなくてどうする?
ちょっとの無理、すればいいじゃない?

ということで。
一息ついて、また走り出しましょうかね。

ではでは!

今日も楽しい一日を!


[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-21 05:40 | 日々のこと | Comments(0)

ガリ版資料館に行ってきた。

ガリ版伝承館というのが意外と近くにあることを知って、
先日、子ども達と一緒にいってみました。

日本家屋と洋館がつながった、
まるでトトロの家のような建物。
a0330267_15061108.jpg
こちらは、ガリ版を発明した堀井新治郎さんという方の
おうちを、改修したものだそう。

中もとても素敵で…。
なみなみの昔のガラスがはまっていたり。暖炉♡
a0330267_15065663.jpg
子どもらはトトロごっこして、
(「階段を探して2階の窓を開けましょう」「あれー? あれー?」と走り回る…)
とりあえず大喜び。

堀井家の方は、もうここにはおらず、
今は集落の方が、持ち回りで管理されているそう。

ガリ版の体験ができるということで、させていただきましたー。

鉄筆いろいろ。
うちには、先の尖った1種類しかないので、
いろいろ使わせていただいて楽しい。
a0330267_15073587.jpg
簡易型の刷り台を使い(でも、これ便利)、
a0330267_15082299.jpg

たくさん刷れましたー。
a0330267_15075722.jpg
館内には、ガリ版を用いた作品の展示もあり。
これはかなりしっかりした冊子で、見ごたえありました。
ていうか、字が超きれい。(ぶれてるけど)
a0330267_15063335.jpg
a0330267_15063763.jpg
帰りに寄ろうと思ってたパン屋さんも、パンケーキ屋さんも
残念ながらしまっていて、食べ物運はなかったプチ旅でしたが、
どんぐりの木の下でお弁当食べたり、
なんだか、昭和にタイムスリップしたみたいな、不思議な時間でした。

さてさて、わたしもガリ版ワークショップやりますよー。
ガリガリやるのは楽しいし、
何度やっても、上手く刷れたときの感動は格別です♡
ぜひ、これを、みなさんにもお伝えしたい!

また、近いうちに告知しますねー。

ではでは!

今日も楽しく!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-20 05:05 | ガリ版 | Comments(0)

9月18日、おはなしのじかんでした。

昨日は町内図書室のおはなし会でした。

あいかわらずのこぢんまり会ですが、
新しく読み手希望の方もいらっしゃり、
楽しく、和やかな時間を過ごしました。

読ませていただいのたはこちらの4冊。

ななちゃんのおかたづけ つがねちかこ作 赤ちゃんとママ社
パパ、お月さまとって エリック・カール もりひさし訳 偕成社
よるくま 酒井駒子 偕成社
おばあちゃんはスター カール・ノラック作 イングリッド・ゴドン絵 いずみちほこ訳 らんか社

(絵本ナビにリンク貼りたかったのだけど、
なぜかうまくいかなかった。すみません)

次回は10月16日(日)の予定です。

ちいさなお子さんから大人の方まで、
どなたでも気軽にご参加くださいね。

今日も、良い一日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-19 06:31 | おはなし会 | Comments(0)

楽しい、の見つけ方。

楽しいにフォーカスしたブログにしよう、と
宣言して幾星霜…。

なんか、それはそれで難しくて、
やっぱり筆は止まってしまったのでした。がーん。

「楽しい1日にしよう」って思って
生きるのは、またちょっと違うんだよね。

「楽しい」ってなんだろう。
わたしが「楽しい」と認められる「楽しさ」はなんなんだろう。
なんて、考え込んでしまって。

この楽しさは、正しい楽しさかな?なんて思ってしまって。

なんやねん、正しい楽しさって…!

毎日は、楽しいです。
すごく。

だって、やりたいことしかやってないもん。
やりたくないこと、何ひとつ、やってないもん。

もちろん、子どもにいらいらして、怒鳴ったりもするけど。

それは一瞬のことで。
それはそれで、
「子供と真剣勝負で暮らす」ということの
醍醐味であるわけで、「楽しさ」の一部ではあるのだし。

あ~、嫌やな~と思いながら、
何かをするような時間は、今のわたしの生活の中に、
まあ、ほとんどないですわ。

なんかね、
もっと気軽に
「きょう、これが楽しかったんだよ!」って
かるーく、さらーっと書きたい。

楽しいことは、日々の中に、いっぱいあるんだ。

でも、
楽しいことやってる最中は、
「今、あたし、楽しんでる」って、客観視できないのが、
本当に、楽しんでる瞬間な気がする。

楽しいとか、そんなん、ほったらかしにして、
夢中になってる時間。
あとで、ああ、楽しかったなって思える時間。

そういうのが、いいな。

ちょっと間があいてばかりの最近だけど、
やっぱり、文章書くのは楽しいな。
自分のなかの、思いを解放するのは、すごく楽しい。

そう、今、楽しいのは、
きっと、「書きたい」気持ちだけに従って、書いてるから。
書かなきゃって思うと、しんどくなるけど、
別に、書くことで何かを得なきゃいけないわけじゃないんだから、
書きたいときに、その気持ちで書けばいいんだよね。

やりたいって思った気持ちに
素直に従って、動いてみる。

それが、「楽しい」の秘訣なのかもしれない。



今日も楽しく、
生きていこう!




[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-19 05:25 | 日々のこと | Comments(0)

「丁寧」は作れるのかもしれない。

すこし前、ちょっとショックなことがあって。

ショックっていうか、なんていうか。

友人(わたしよりかなり若い女性)とお出かけしたとき、
その子の所作がとても美しかったの。

ほんとに、日常生活の一部の行動なんだけど、
「あっ、そうすれば、綺麗に見えるんだ」って、
すごく、感動してしまって。

そして、ガサツすぎる自分に
幻滅したのでした…。

なんか、マナーとか、綺麗な動きとか、
「そんなん、上流階級の人だけ、身につけといたらええんやろ。
わたしは、マナーが必要な場になんて行かへんし」とか思って、
すっごい、ないがしろにしてた。

いろんな動きも「荒っぽい」と言われ続けて
育ってきたし…。

「わたしには、そんな綺麗なうごきとかでけへん。
でも、それで問題ないし」
て、思ってた。

けど。

違うね。

綺麗な動きは、人を感動させるし、
一緒にいる人を、とても気持ちよくさせる。

そう。

綺麗な所作って、気持ちいいんだよね。

日常生活の送り方が、他人を心地よくさせるって、すごいよね。

そんでね。

わたし、ずっと動きが荒っぽいと言われてきたので、
丁寧にものを扱ったりすることが、
逆に恥ずかしくなっちゃってたところがあったんだ。
「今更、丁寧にしたって(仕方ないやん)…」みたいな。

でも、がさつに動いてたら、それが、「わたしの本質」になってしまう。

「本質」…。「本質」は変えられないのかな?

ううん。
そんなことはないって、
最近、思うようになった。

仕事の中でも、できるだけ、
今の私にできる最大限の「丁寧」を心がけるようにして。
そしたら、だんだん、「丁寧」が
身についてきたような気がするんだ。

性格って、変えられないと思ってた。

でも、そんなことはない。

「こうありたい」っていう具体的目標が見えたら、
それに向かって、ちゃんと、一歩々々進めば、
性格だって、きっと変えられる。

なりたい自分になれると思う。

今の目標は「食べ方美人」になること。

つい、姿勢悪く、お椀とかも適当に持って、食べてしまうけど。

食べ方が綺麗な人は、綺麗だから。

訓練すれば、身につくから。

綺麗になろう。

ではでは!

今日も楽しく!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-18 06:07 | 日々のこと | Comments(0)