だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

術後1日。

なんとなくまだ、麻酔の余韻がのこって
ふわふわした朝…。

リハビリは術後、できるだけ早くした方が良い、
とのs先生からのお達しで、
お昼ご飯前にリハビリ室へ~。

いきなり包帯をはがされ…。(ぺりぺり)
あ、でも、もう出血はほぼ止まってる。

そして、手も、
もっとパンパンに腫れるかと思ったけど、
薬指の、それも手術した部分だけちょびっと腫れてるだけで、
他はほとんど腫れてないー。

うまいこと手術してくださったのかしらー。
腫れなくて良かったー。

作業療法士のsn先生登場。
笑顔でごり押すタイプ?
術後1日目だし、
軽く動きをみる程度かなーと思ったら、
「動かすのに制限はありません」(笑顔)と繰り返しつつ、
ぐいぐい曲げてくる…!

私「い、痛いです!」

先生「うん、でも制限はないから。(笑顔)
   今、動かしとかないと、固まっちゃうから。(笑顔)(ぐいぐい)」

(繰り返す)

よれよれになって病室に戻るー。

でも、術後2、3日目ぐらいが大事らしい。
術後すぐは、意外と動くんだって。
で、2,3日、リハビリせずにほっとくと、
癒着して固まっちゃうらしい…。

薬指とはいえ、利き手が動かなくなったら困る!

ぼけぼけしつつ
手の曲げ伸ばし運動→アイスノンで冷やす、
のループをえんえん繰り返す。

おかげで、夕方の診察では、
先生たちも驚くくらいに指が曲げられるようになったー。
わーい。

順調なので、月曜日に退院がほぼ決定ー。
わーい。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-31 18:26 | 内軟骨腫 | Comments(0)

手術。

今日は手術でした。

全身麻酔なので記憶なし…。

夫に来てもらって、
一緒に手術室の前へ~。

テレビとかで見る手術着の先生たちがいっぱいー。
s先生もt先生(手が専門の先生)も
いらっしゃるはずなのに、マスクで顔が分からない。めそめそ。

中に入って、ベッドに寝て、
酸素マスクつけられて、
2回まばたきした時には夢の中。


手術を終えて、
夢うつつのままに、ベッド移動。
t先生が夫に手術の説明してるのをうとうと聞きつつ…。

なんとなく意識が戻ってきたときには
夫は帰宅しちゃってた…。

とりあえず、術後は、
むくみ防止のため、
「手を心臓より高くあげること」
「冷やすこと」
を、何度も言われたので、ずっと手を挙げている…。

夕方、許可が出たので、
夫の置き土産のプリンをありがたく頬張る。
うまーい。

今のところ、痛み止めなくても、
全然痛みはなくて、とりあえず、ひと安心です。


[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-30 19:09 | 内軟骨腫 | Comments(0)

手術前夜。

とうとうこの日がやってきた。

おはなし会やらイベントも全部終わったし、
製本教室の修了制作も終わったし
豆本展の作品も完成したし。

離れて暮らしている実母に来てもらって、
子どもたちを託し、心置きなく入院です~。

別に命に関わるような手術ではないので、
私は気楽…。いっぱい本が読める~
大変なのはきっと旦那。
たまには(?)頑張ってもらおう。

明日が手術、とはいえ、
簡単な検査以外、特にやることもなく、ぐだぐだ。

夕食以降は絶食で、
OS-1(経口補水液)を明朝までに1リットル飲んでおけ、とのこと。

お、おいしくない…。

息子出産以来なので、
5年ぶりの一人のベッド~。
静かすぎてなんだか寂しいわ…。




[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-29 20:33 | 内軟骨腫 | Comments(0)

美術館をまるっと楽しむ!

昨日は滋賀県立近代美術館へ!
a0330267_19511107.jpg
ウォルター・クレインの企画展が
本来の目的だったけど。
「美術館を探検して描こう!」という
子供向けのワークショップが開催されるということで、
おもしろそうなので、5歳息子をぶちこんでみた☆

美術館は琵琶湖南東の「文化ゾーン(?)」にあり、
自然の地形を生かした公園に囲まれた、
とっても素敵な場所。
a0330267_19510505.jpg
池があり、丘があり、
お茶室もあり、駐車場は無料で、
お散歩には最高~。

もうちょっと近かったら通うのに~。

さて息子は「博士」の説明を受け、
美術館探検に出発ー!

私は娘とともに遠巻きに見守りつつ…。

建物や展示物をいろんな角度から眺めたり、
壁の大理石のアンモナイトを探してみたり。
a0330267_19511946.jpg
「美術館」という場所を
じっくり見させてもらって、なかなか楽しかった。

主目的の「ウォルタークレイン」は
おネムの娘を抱えながら、文字通り駆け足で
見て回るしかなかったのが
ちょい残念~。
うん、でも、やっぱり、良いものは良い!
目の保養は大切だのうー。

そして、探検の後は、
見つけたものをネタに、お絵描き~。
息子は「何か」を描く、というよりは、
目新しい画材を使うことに夢中で、
前衛芸術が出来上がってましたが…。

ま、いろいろ経験できたみたいで良かったです。

ていうか!

もちろん、昨日の体験は
とてもよかったのだけど!

美術系の体験は、正直、
わざわざ外部でやらんでも、自宅で充分なのよ…
それよりも、家でやらないことを
もうちょっといろいろ体験させてみたい…。
主にスポーツ系!
我々夫婦、運動音痴なのでね。特に球技。
息子が苦手意識持っちゃう前に、
なんかさせたい。

4月になったらサッカー教室でも体験行ってみよーかなー。

さ、今日も楽しくやろう!


[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-20 06:45 | こどもとの日々 | Comments(0)

すごい人はいつだって、すぐ隣にいる。

すごい人に会いたい、と思っていた。

すごい人に会ってみたい。

すごい人の話す言葉を聞いてみたい。

すごい人の放つオーラを感じてみたい。

すごい人がいる、その場に、いたい。


…。

すごい人、が、どんな人か、ということもわからないのに。

きっと、そんな私が、
「すごい人」に会ったとしても、
なにひとつ、まともな会話はできないのに。


最近、向田邦子の対談集を読んだ。
森繁久彌とか黒柳徹子とか池田理代子とか
そうそうたる面子が相手役で。

でも、そこに出てくる人たちの、
半分以上を、わたしはよく知らなくて。

森繁さんとか、名前は知っていたけど、
どれだけすごい人かっていうの、
これを読むまで知らなかった。


全く知らない人同士の対談は、
読んでいても、面白くない。
ましてや、その人たちが生きていた時代のことを
知らなくては、何一つ、楽しめない。

でも、こうやって、「すこしだけ知っている人たち」
の対談を読んでいると、
少しずつ、「知らない人」が「知っている人」に
なってくる。

すごい人、の、すごさが、
わかってくる。

その時代背景の知識を得ると、
彼らの言葉の重みが、
さらに、伝わってくる。

すごいなあ。

おもしろいなあ。

あんなに会いたいと思っていた
「すごい人」は、いつでも
こんなに近くにいてくれる。

本はやっぱりすごい。

そんで、私も、ちょっとは
成長したかな。


こんなに本好きなのに、
ここにきて、初めて、本の素晴らしさに気づいたかも。

人生、日々勉強だ。
んで、自らやりたいと思ってする勉強は、
たまらなく、楽しい。

チビたちも、
いつかこの楽しさに気づいてくれますように。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-19 19:45 | 日々のこと | Comments(0)

今年の味噌づくり。

今日は我が家で味噌作り。

来年のためにもろもろ覚書ー。

材料は3年前からお世話になっている
南日味噌醤油株式会社さんで購入。
大豆2キロ、麹2キロ、塩1キロのセット。
(これで出来上がり量は約8キロ)

6:30 大豆1回目(500グラム分)茹ではじめ。(圧力鍋)
     25分くらいで沸騰。20分加圧→自然冷却。

7:10 別の大なべで大豆2回目(1キロ分)茹で開始。

7:30 大豆3回目(500グラム分)茹ではじめ。(圧力鍋)
     20分弱で沸騰。20分加圧→自然冷却。

圧力鍋の2回分は、20分の加圧で充分
(親指と小指でつぶれるくらい)やわらかくなった。

大なべの大豆は10時くらいまで煮て、
ほぼやわらかくなった。
(けど、圧力鍋でやった方がやわらかいぐらい)

穴あきお玉とか、
すり鉢すりこぎとか、
ビニル袋に入れて手で潰したりとか、
いろんな方法で潰しまくるー。

今年は友人親子たちがいっぱい来てくれて
一緒にわいわいもみもみ。
ちっちゃい手がいっぱいでかわいいー。
a0330267_15155183.jpg
麹と塩混ぜて、
大豆と混ぜて、お団子にして。

うちの分は樽に詰めて。(約3キロ)

ほかの人たちのは1キロずつくらい、
ジッパーつきの袋に詰め詰め。

唐辛子入れとくとカビがはえにくいと
聞いたので、1本入れてみた。
a0330267_15154723.jpg
12時前には作業終了~。
みんなでやると早ーい。

味噌作りって、一人でやろうと思うと、
煮たり潰したり混ぜたり、
結構大変な作業だけど、
こうやって、みんなでわいわいやると
楽しいしあっという間に終わっちゃうー。

泥遊びみたいで、子どもには超楽しい作業だしね。

さーて、今年はどんな味になるかな。



More
[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-18 21:34 | たべもの | Comments(0)

幸せに、まっとうに、生きるために。

結婚すれば幸せだとか、
子どもができれば幸せだとか、
ある「ポイント」を稼いだら、
人生うまくいくのだと、
昔、思っていて、
それは間違いなのだということを
子どもができてから痛感して。

それと同じように。

「大人」になれば、
自然と、「善い人間」になれるのだと、
思っていた。

こんないい加減な私でも、
いつかそのうち、
自然体でいても、
素晴らしい、とまではいかなくても、
ちゃんとした人間になれるはずだと。

いろんな本を読んでいて、
それもまた、
間違いだと気付いた。

人間は、気を抜いたら、
とても怠け者で、嘘つきな生き物なのだ。

素晴らしい人たちは、
細心の注意を払って、
切磋琢磨して、
日々を善く生きているのだ。

努力せずに、善くいられる人なんて、
いないのだ。

やっと、
そのことに気づいた。

もっと、ちゃんと生きよう。

自分を追い詰めるわけではないけれど、
一瞬一瞬、気を抜かずに、
自分に嘘をつかないように、
ごまかさないように、
一生懸命生きよう。

気づくのが遅すぎるけど、
それでも、気づいたから、それでいいのだと思おう。

明日も、
楽しく生きよう。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-16 20:22 | 日々のこと | Comments(0)

トトロ2。

そういえば、息子が発見した。

トトロの一番最後の絵。

サツキとメイがお母さんはさんで
お布団に入って、
絵本を読んでもらってる絵。

この絵本、なんの話か、
わたし、気にも留めてなかったんだけど。

息子「あの絵本、さんびきのヤギのがらがらどんやで!」

私「うそー、ほんま?」

(巻き戻して見てみる)



「三匹の山羊」って書いてある!

しかも構図が「がらがらどん」の表紙と同じで、
そして、「トロル」がいるべき場所に「トトロ」がいるー!

そう!
サツキが「トトロって、絵本に出てきたトロルのこと?」
って、聞いてたもんね!

トロルはトトロで、トトロはトロルなんだよね!

がらがらどんだー!

(ヘレンケラーの「ウォーター!」の気分)

なんか、いろんな意味で衝撃を受け、
作品の作りこまれ加減に感動した瞬間でございましたー。


[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-04 08:00 | こどもとの日々 | Comments(0)

トトロ。

図書館でDVDを借りてきて
夕方少しずつ見るのが、休日の子どもたちのお楽しみ。

最近はトトロ。

晩御飯の支度をしながら、
ときおり、私も一緒に見る。

昔は「トトロかわいー」「ネコバスきもちよさそー」
と、私も無邪気に見てたけど。

もう、サツキやカンタやメイが
自分の子どもにしか見えないー。
特にカンタが可愛くて仕方ない。

なんてけなげな子たちなんだろうと
涙がとまらない…。

トトロ見てこんな泣くとは思わなんだ…。



[PR]
by kouboudaidai | 2017-03-03 19:59 | こどもとの日々 | Comments(0)