だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今、わたしは、ここが好き。

わたしが昔住んでいた場所があって。
おなじ土地にすんでいた、ほかのひとに、
「あの場所は嫌いだった」と
言われたり。

わたしが今いる土地を
「この場所は好きじゃないから
ほかの場所へ行きたい」
と言っているひとを
見かけてしまったり。

最近、なんだか、
そんなことが続いて、
ちょっとしょんぼり。

わたしは、
いろんな場所に住んできたけど、
昔いたあの場所も、
あの場所も、
いまいる、ここも、
大好きで。

そりゃあ、それぞれの土地に
マイナス部分は、それぞれにある。
そりゃあね。
完全に、けちのつけどころのない場所、
どこかにはあるのかもしれないけど、
自分にぴったりくる場所に、
たまたま出会えることなんて、奇跡だし。

どんな場所だって、
「そういう目」で見れば、
マイナスな部分はあるよね。

ここだって。
不便だし、車の維持費はかかるし、
公園は少ないし、子供も少ないし。

マイナス要素を探そうとすれば、きりがない。

だけど。

だけどね。

わたしは、ここが好き。

都会に育ったくせに、
なんで、こんなに、自然の中にいて安心するんだろうって、
その理由は自分でもわからないけど。

ここが好き。

隣のばあちゃんに泥つき大根をもらって、
りんごをお返ししたら、また里芋が返ってきて。

どんぐりやまつぼっくりの木の場所を知ったり。
好きな花の咲く場所や季節がわかるようになって。

雲の動きや虫の数で、天気がわかるようになって。

からだが、この場所になじみ始めている。
それが、とてもうれしくて。

生まれ育った、都会の街も、
ここに来る前に暮らしていた、あの場所も、
全部、大好きだった。

それぞれの場所を、
それぞれに、好きだった。

自分が好きだった場所、好きな場所を、
「好きじゃない」と言われてしまうのは
かなしい。

かなしい、けど。

でも、
それは、
ほかのひとの
感じ方で。

どう感じても、自由で。

でも、
わたしは、
ここが好きで。

わたしは
わたしにできることを
やろう。

もっと、もっと、
この場所とかかわって、
ここを愛そう。
ここを、好きになろう。

またいつか、
ここを離れることになったとしても、
「ここ」を好きだった、と
胸をはって、言えるように。


[PR]
by kouboudaidai | 2017-11-28 09:56 | 日々のこと | Comments(0)

ゆるむ、と、舞い込む。

今週の月曜日は
ブログにも書いたけど、
本当に久々に、
憂いなくリラックスできた日で。

リラックスできると
集中力が発揮できる。

なんか、逆みたいだけど、
ほんとなんだよ。

リラックス、って、
だらだらするってのとは
違うんだ。

肩の力を抜いて、
無駄な緊張を無くして
物事に向かう。

そうすると、
ものごとはうまくいきはじめる。

肩の力を抜いて、
ゆるんでいたら。

昨日はびっくりするぐらい
いろんなものがやってきた。

隣のばあちゃんからの柚子を皮切りに。
親戚からキウイが届き。
まだ固かったので、
りんご買いに行かなきゃね、って言ってたら
(かたいキウイと一緒にりんご置いとくとやわらかくなるらしい)
1時間後に別の親戚からりんごが届き。(笑)

友人から絵のお仕事の話が舞い込み。

ついでに、久しぶりにワークショップのアイディアも湧いてきて。

どうしたん!?

びっくりするわ。

偶然なんだろうけど。

ゆるんだことで、
なにか引き寄せたかな?
なんて
思っちゃうぐらい。

今日はさっそく
絵の仕事の打ち合わせをしてきて。

ちょっとのんびり気分だった12月前半が
急にばたばたと忙しくなってきたけど。

すごくすごく、ありがたくて、嬉しいことで。

なんだか、
人生って
おもしろいなあ、なんて、思ったりして。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-11-23 10:01 | 日々のこと | Comments(0)

にほんご。

たとえば英字新聞で
プレゼントを包んだらかっこよく見えるけれど。

日本語の新聞で包んだら
明らかにプレゼントには
見えなくなるように。

日本語と活字とは
相性が悪いのだなあ、と。

寄藤文平さんの「デザインの仕事」を読んでから、
その思いは、ますます深くなる。

日本の新聞紙はかっこよくないけど、
百人一首なんかをさらりと筆で書き散らした和紙は
かっこいいよね。

つまり、そういうこと。

にほんごは、
特にかな文字は、
筆で書くとかっこいいし、
和紙と相性がいいのだ。

考えてみれば
当然のことだけれど。

なのに、
現代は、
にほんごは、相性の悪い相方とばかり
組まされている。

もったいない。

英語のロゴが入ったTシャツはかっこいいけど、
日本語の文章が胸元に書いてあっても、いまいちだよね。
でも、筆文字が全面に入ってる着流しとかだったら
かっこいいよね。

そういうことだよ。

それをね。

なんか、
うまく、
どうにかできないかなって
考えてる。

にほんご、好きだもの。

ひらがな、きれいだなって
思うもん。

ひらがな、かっこいいな、って
こどもたちにも思ってほしいもん。

にほんごの美しさが伝わる
(文字のかたちも、ことばの意味も)
そんな絵本を作れたらいいなと思う。



[PR]
by kouboudaidai | 2017-11-21 09:31 | 日々のこと | Comments(0)

ブログの意味。

いつも見ていただいてありがとうございます。

週末になんだかんだ行事があり、
平日はその準備に過ぎてゆき…
の半月が終わり、
近辺にとっての最大の行事が
昨日ひと段落したので、
なんとなく、ほっとひと息、の今日。

あちこち整理したり、
放置してた宿題を片付けたり。

今日がお仕事お休みだったのが
とてもありがたい。

そんなつもりはなかったけれど
やっぱり、いろいろ緊張していたんだな。

ずっともやもやして
とどまっていた問題にも、
やっと答えを出すことができた。

わたしには、
誰もいない空間で、
リラックスして
ぐっと集中して考える時間が必要。
せめて、2週間に1度は。
それがないと、
進んでいかない。
動いていても、
同じ円周上をぐるぐる
まわるだけになってしまう。

答えを出せなかった問題。

わたしにとって、ブログってなんだろう?
ブログとどう付き合っていけばいいんだろう?

頭の中には、
いつも、2種類の考えがあって。

「ものがたり」と、「日々の気付き」。

「日々の気付き」…。
いろんな物事に対する考え方や発見。
それは。
頭の中で考えているだけだと、
いつまでも、その中で漂ってしまう。
漂っていると、「ものがたり」に集中できない。
「気付き」はただのつぶやき、ひとりごとではあるんだけど、
だしてあげる場所は必要なのだ。

んで。

ブログって、なんか、
一本、筋が通ってないといけないような、気がしていた。
作品発表の場であったり、何らかの考えに基づいた日々をつづること、であったり。

だけど。

きっと、もっと、自由なもので。

その時、その時の、わたしの「やりたい」にふさわしいやり方で、
ブログと付き合っていってもいいんじゃないかな、って
思ったんだ。

わたしには、
「ものがたり」を紡ぐことが重要で。
「気付き」を文字にすることも、おなじくらい、大事で。

そのふたつを、
同じように扱おうとするから、
混乱するんだ。

「気付き」を文字にしたい。
誰に伝わらなくても、せめて、読みやすい、きれいな日本語で
言葉を紡いでいきたい。

そのためには、ブログはとても便利なツールだってこと、気付いた。

読んでもらうための記事にしなきゃとか、
目立つように、「いいかんじ」の写真撮って載せなきゃいけないとか、
なんとなく、わたしの中でブログのハードルが高くなってた。

でも。
別に誰に読まれないでも構わない。
文字だけのブログで構わない。
(だって、わたしが大好きな高山さんやいしいさんの日記も、
考えてみれば、文字ばっかりだ)

わたしにできる方法で、
わたしがやりたいことを
もっとやりやすくなるように。

そんな風に、
ブログと付き合っていこうと思う。

うん。

[PR]
by kouboudaidai | 2017-11-20 15:30 | 日々のこと | Comments(0)