だいだいだより 絵本とこどもとものづくりの楽しい日々

daidai123.exblog.jp
ブログトップ

タグ:絵本 ( 58 ) タグの人気記事

にほんご。

たとえば英字新聞で
プレゼントを包んだらかっこよく見えるけれど。

日本語の新聞で包んだら
明らかにプレゼントには
見えなくなるように。

日本語と活字とは
相性が悪いのだなあ、と。

寄藤文平さんの「デザインの仕事」を読んでから、
その思いは、ますます深くなる。

日本の新聞紙はかっこよくないけど、
百人一首なんかをさらりと筆で書き散らした和紙は
かっこいいよね。

つまり、そういうこと。

にほんごは、
特にかな文字は、
筆で書くとかっこいいし、
和紙と相性がいいのだ。

考えてみれば
当然のことだけれど。

なのに、
現代は、
にほんごは、相性の悪い相方とばかり
組まされている。

もったいない。

英語のロゴが入ったTシャツはかっこいいけど、
日本語の文章が胸元に書いてあっても、いまいちだよね。
でも、筆文字が全面に入ってる着流しとかだったら
かっこいいよね。

そういうことだよ。

それをね。

なんか、
うまく、
どうにかできないかなって
考えてる。

にほんご、好きだもの。

ひらがな、きれいだなって
思うもん。

ひらがな、かっこいいな、って
こどもたちにも思ってほしいもん。

にほんごの美しさが伝わる
(文字のかたちも、ことばの意味も)
そんな絵本を作れたらいいなと思う。



[PR]
by kouboudaidai | 2017-11-21 09:31 | 日々のこと | Comments(0)

今日もこねた。4

a0330267_20374161.jpg
ちいさいおじさんの
しごと②

あっ
きたよ。

あけて
おきました
よーーーー。


[PR]
by kouboudaidai | 2017-10-16 05:50 | 今日のこねた | Comments(0)

わたしたちに一番大切なこと。

絵本の修理の技術が一番必要なのって
わたしたち世代なんじゃないだろうか
って、ちょっと思った。

やぶれたり、壊れたりするほど
読まれる本って、
やっぱり、絵本、だし。

直してでも手元に置きたい本、
それって、絵本かなって思うし。

絵本に一番ふれるのは
小さい子をもつお母さんたち。

大切な絵本が
壊れてしまったとき。

どうする?

セロテープを貼るのは
絶対にやめてほしい。

その時は綺麗に直ったように見えるけれど。

経年による劣化がひどすぎるので。

大切な本だから。

たとえば器を金継で直したり。
服をつくろったりするように。

本も愛してほしい。

愛したくても、
修理方法がわからないってのは
あると思う。

道具がないとか。

忙しいお母さんでも、
大切な本を、できるだけ手軽に、
本にやさしいやり方で、
修理できるような。
なんか、そんな場を作りたいなと。
こっそり思っている。

破れてしまった本でも
a0330267_17595521.jpg

和紙で継げば
丈夫で長持ち。
a0330267_18003520.jpg


[PR]
by kouboudaidai | 2017-09-06 06:01 | 絵本のお直しワークショップ | Comments(0)

求められ続けるために。

絵本が描きたいんだ。

わたしのやりたいことはそれなんだ。


そんな、結論が、
出まして。

じゃあ、どうするか。

絵本、描いてる、よ。

今は、ある賞に応募しようと思って
ひとつの作品を描いてる。

その次にも、出そうと思ってるやつがある。

なにか締め切りがないと、
完成させるのって難しいので。

でもそれは、あくまでも
自分だけのことで。

理想を言うと。
誰かに、描いて、って言われる。
それに全力で応える。

そういう形の方が、
やりがいもあるし、楽しい。

今、ひとつ、イラストを頼まれている。
すごくすごくありがたくて、嬉しいこと。

頼まれた仕事がずっとある、っていうのが、
やっぱ、理想だなあ。
お金のやり取りが発生するかどうかは別として。

そういう環境を得る、っていうのが、
プロなんだろうなあ。

私の絵を、必要としてくれる人と出会う。

今は、ごく身近な友人知人からの
頼まれごとばかりなので。
あと、ひとまわり、ふたまわり、
その輪を広げていくこと。

それがきっと、わたしの次の課題。

そのためには、何をする?



[PR]
by kouboudaidai | 2017-09-03 06:08 | 作品 | Comments(0)

やりたいことを、細分化する。

やりたいことを実現する方法として。

その中身を
細分化するのが
良いんじゃないかと思いました。

去年は、やりたいことを、
一本化しようとして、
絵本ソムリエと名乗ってみたり、
いろんなことをひっくるめた活動を
実現しようとあがいていました。

でも。
たしかに、
その活動はどれも楽しかったし、
つながりもたくさんできたので、
それを否定するわけではないのだけれど。

まとめようとすれば
すれほど、
本当にやりたいことが
指のあいだから
すり抜けていくようで。

このところ、
また、
やりたいことって
なんだろう、と。

じっくりと
考えていて。

別に
一本化する必要は
ないんじゃないかという
考えにいたりました。

わたしのやりたいことって、
だいたい、本にまつわっているので、
だから、
「本」というカテゴリで、
一本化できるような気がしたのだけれど、
解きほぐしてみると、
実は、いろんな方向を
向いていることが、わかったきた。

たとえば、おはなし会をやってるけど、
目的はひとつじゃなかった。

こどもたちの笑顔を見ること。
選書を通じて、素晴らしい本に出会うこと。
読み手側で、いろいろな人とつながること。

豆本を作りたい。
絵本を描きたい。

それはけっしてイコールにならない。

工芸作品を作りたい気持ちもあるし、
絵本の作品を作りたい気持ちだって、本当。

その二つをひっくるめようとするから、
面倒くさいことになる。

製本にも詳しくなりたいし、
今はマーブリングの研究に夢中だったりする。

欲求を、細かく細かく分けて。
それを
ひとつずつ、満たしていく方法を
考えた方が、
結局、
近道なんじゃないのかな。

最近は
そんな風に
思っている。



[PR]
by kouboudaidai | 2017-08-30 06:18 | 作品 | Comments(0)

12月18日、おはなしのじかん。

昨日の日曜日は、町内の図書室で
今年最後のおはなし会でした♡

前回のおはなし会でつくった
オーナメントで飾ったツリーを眺めつつ。
a0330267_15252027.jpg
おはなし会のメンバーも
ありがたいことに最近少しずつ増えてきました。
ベテランの方も、全く初めての方も
いらっしゃるけれど、
やっぱりいろんな方におはなししてもらうのって、
子どもたちも嬉しそう。

今日はエプロンシアターもあって、
子どもたちは興味津々でした。

これで今年のおはなし会はおしまい。

また来年、よろしくお願いします。

☆今日読んだ本

リボンのかたちのふゆのせいざ オリオン 八板康麿 杉浦範茂 福音館書店
 星がきれいな季節なので、オリオンの本を。
 簡単な言葉で、空への興味をかきたててくれます。

いもさいばん きむらゆういち たじまゆきひこ 講談社
 「あらしのよるに」のきむらゆういちさんと、「じごくのそうべえ」のたじまゆきひこさんという強力タッグ。
 最初はいも泥棒の犯人探しで、くすりと笑わせますが、
 後半は一転、重いテーマを描き出します。
 子どもには難しいようにも思いますが、これは大人にだって、答えを出せない問題。
 親子で読んで、お互いに思ったことを話してみるのもいいかも。

エプロンシアター「3びきのこぶた」
 子どもたちにはおなじみのおはなしですが、
 エプロンシアターといったちょっと目先の変わった形で演じられると、
 また違った面白さがあるみたい。
 古くから伝えられるおとぎ話は、何度聞いても楽しいんですね。

まどからおくりもの 五味太郎
 クリスマス直前なので、定番のこの絵本を。
 単純なしかけだけれど、何度見ても楽しい1冊です。
 私も子供のころ、大好きだったな。

☆次回のおしらせ

1月22日(日)10時半から約30分程度。(予定)
 冬の楽しい絵本いっぱいで、皆様のお越しをお待ちいたしております☆

[PR]
by kouboudaidai | 2016-12-19 05:22 | おはなし会 | Comments(0)

木のおもちゃキットの絵本を描きました。

木のおもちゃのキットに添付する
パンフレットの絵を描かせていただきました!
a0330267_14410204.jpg

おもちゃのキットは、
和束町の雇用促進協議会の方が
提案されているもの。

和束の木を使ったおもちゃを作ろう。
「おもちゃのパーツをつくる」
「おもちゃを売る」ことを仕事にしよう。
仕事を増やすことで、
和束に移住してくれる人を増やそう。
…というプロジェクトなのです。

おもちゃの種類は現時点で
ちっちゃなトラック、サルのコマ回し
キジのプルトイ、さかな釣りなどがあって、
どれも簡単なパーツでできてるのに可愛いの。

協議会の方に声をかけていただいて、
今回、そのおもちゃと一緒に
お客様にお渡しする簡単なパンフレットの
イラストを描かせていただきました!

ここで全ページをご紹介~。
a0330267_14305082.jpg
a0330267_14305250.jpg
a0330267_14305427.jpg
a0330267_14305637.jpg
a0330267_14305899.jpg
a0330267_14304610.jpg
a0330267_14304844.jpg
(本当はもう1ページあるのだけど、
うまくアップロードできませんでした。ごめんなさい)


担当者の方の
和束の木、日本の森、そして世界の森への思いが
ぎゅっと詰まった素敵な(自分でいうのもあれですが)
パンフレットです。

この取り組みがいい循環を
生んでいけばいいなあ、と祈っています。

すてきなプロジェクトに関わらせていただいて
ありがとうございました!

ではでは!

今日も
明日からも、
楽しい日々を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-12-18 15:11 | 作品 | Comments(0)

図書室でおはなし会★

先週末は町内図書室で
おはなし会を行いました♪

読書週間だし、
ハロウィンだし、
なんか楽しい事やりたいな、と
今回は工作もやりましたよ~。

まずはいつもの読み聞かせ。
3冊読ませていただきました。

せんたくかあちゃん さとうわきこ 福音館書店
 お洗濯日和だったので、この1冊を。
 たくましい「かあちゃん」がかっこいい!

ごきげんのわるいコックさん まついのりこ 童心社
 こちらは紙芝居。
 1枚めくるごとに、コックさんの顔が
 なんだかおかしくなっちゃったり…。
 参加型の、とっても楽しいお話です。おすすめ。

おばけパーティー 作絵:ジャック・デュケノワ 訳:大澤晶 ほるぷ出版
 ハロウィンにちなんで。
 お手伝いの中学生女子が、可愛い声で読んでくれました。
 おばけの色が、あれれ? たのしくてかわいい、おばけのおはなし。

そして、みんなもおばけを作ってみよう!ってことで、
牛乳パックで、飛び出すおばけの工作~。
単純なんだけど、うまくやると
ぴょーんとおばけが飛び出てきて、とっても楽しい。
a0330267_15381474.jpg
a0330267_15380892.jpg
作り方の、私の説明が拙くて申し訳なかったのだけれど、
大きいお兄ちゃんが、小さい子に教えながら作ってくれたり、
夢中でどんどん作って、素敵なおばけの顔を描いている子がいたり。
子どもたちがわいわい言いながら、
なんかやってるのって、めっちゃいいなあ~と
ほわわ~と、幸せに包まれていました。

次回おはなしの時間は
和束町体験交流センター図書室にて、
11月27日(日)10時30分からです。

小さなお子さんから、大人の方まで、
どなたでも来ていただけます。

最近、サークルメンバーが増えつつあり、嬉しいかぎりです。
まだまだ、一緒に本を読んでくださる方も
いつでも募集していますので、興味のある方は、お知らせください★

ではでは!
今日も楽しい1日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-11-01 05:45 | おはなし会 | Comments(0)

森のおはなし会・城山台出張編♫

昨日はパン屋さん主催のイベントにお誘いいただいて、
森のおはなし会出張バージョンでした♡
a0330267_19442597.jpg
とっても素敵なパン屋さんの店先で…
a0330267_19450161.jpg
アクセサリーの販売や…
a0330267_19451449.jpg
もちろん(旦那様は和菓子屋さんなので)お団子の販売も。
このお団子がまたおいしいんだ~
a0330267_19465255.jpg
和束産のハーブティーも飲めたり。
a0330267_19472601.jpg
おはなし会のあいまには、抹茶アートも。
a0330267_19471682.jpg
わたしはずっと本を読んでたので
残念ながらおはなし会最中の写真はありません。

10月とは思えない陽気で、すっかり日焼けしてしまったけれど、
和束ではありえないくらい、たくさんのおちびちゃんたちに
来ていただいて、とっても嬉しかったです。

今まで、おはなし会のときは、
とにかく、子供たちに喜んでもらいたくて、
子供たちに向かって、読んでいたのだけれど。
今日、赤ちゃんを抱いたお母さんたちにたくさん来ていただいて、
赤ちゃんと手遊びでふれあって、
目を見つめ合いながら、絵本を一緒に楽しんでくださる
その笑顔を見て。
ああ、いいなあって、思って。
そんな時間を共有できて、とても、嬉しかった。

お茶や、森のこと、赤ちゃんやお母さんのために、ハーブのこと、
いろんなことに、それぞれ一生懸命になっている、
素敵な方たちと、イベントに出ることができて、幸せでした。

ありがとうございました。

本日読ませていただいた本の紹介です。

ゆっくりゆっくりなまけものくん オームラトモコ作・絵 すずき出版
  最後のしかけが爽快! たくさん動物が出てきて、小さな子でも楽しめます。

みんな ぜんぶ いろんな  中川ひろたか文 奥田高文写真
  写真絵本。簡単な言葉とわかりやすい写真で綴られますが、メッセージが伝わってきます。

はっぱのおうち 征矢清さく 林明子え 福音館書店
  林明子さんの優しい絵に心がほっとします。ユーモラスな表情の虫たちを探すのも楽しい。

とりかえっこ  さとうわきこ作 二俣英五郎絵
  シンプルだけど、「これからどうなるのかな?」とドキドキする物語。何を「とりかえっこ」するのかな?

ぼくなにをたべてたかわかる?  みやにしたつや作・絵
  子ども達とやり取りしながら読める楽しい本。


次回森のおはなし会は11月20日の予定!

ではでは!

今日も楽しく!


[PR]
by kouboudaidai | 2016-10-05 05:42 | おはなし会 | Comments(0)

9月18日、おはなしのじかんでした。

昨日は町内図書室のおはなし会でした。

あいかわらずのこぢんまり会ですが、
新しく読み手希望の方もいらっしゃり、
楽しく、和やかな時間を過ごしました。

読ませていただいのたはこちらの4冊。

ななちゃんのおかたづけ つがねちかこ作 赤ちゃんとママ社
パパ、お月さまとって エリック・カール もりひさし訳 偕成社
よるくま 酒井駒子 偕成社
おばあちゃんはスター カール・ノラック作 イングリッド・ゴドン絵 いずみちほこ訳 らんか社

(絵本ナビにリンク貼りたかったのだけど、
なぜかうまくいかなかった。すみません)

次回は10月16日(日)の予定です。

ちいさなお子さんから大人の方まで、
どなたでも気軽にご参加くださいね。

今日も、良い一日を!

[PR]
by kouboudaidai | 2016-09-19 06:31 | おはなし会 | Comments(0)